ポイントは統一!クローゼットを「最大限活かす」収納ボックスとは

クローゼットを開ける

クローゼットは、備え付けのまま収納グッズを置かないで収納スペースとして使えることは少ないですよね。

クローゼット内に何かしらの収納ケース、収納ボックスを利用してクローゼット内で収納の区分けをする形が一般的かと思います。

このクローゼットは、出来る限り無駄をなくしつつ最大限収納スペースとして生かすには「収納ボックスの選び方」がポイントです。

今回は、クローゼット内を無駄なく最大限生かすための収納ボックスの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

クローゼット全体を無駄なく使いやすく

クローゼットを収納スペースとして100%近く利用するなら、箱型のトラックに積み込むように、奥から順番に詰めていけば、クローゼットをほぼ満載の状態に出来ます。

しかし、奥から詰める様な使い方は現実的には無理でなので、収納しやすく取り出しやすくする為に、収納ボックスを利用していきます。

ただ、クローゼットの中に入れる収納ボックスは、ウィンドウショッピングで見た目で選んでしまったり、安売りをしていて選んだりしてしまうのは良くないんです

収納ボックスを後で追加する場合に追加しにくい状態になり、クローゼットを圧迫する原因になる事もあります。

関連 スペースを隅々まで活用してる?使いやすくなる4つの収納ルール

使いやすい収納ボックスの特徴

  • シリーズで販売されている収納ボックス
  • 収納に力を入れているメーカー
  • 同じ形の収納ボックスで揃える
  • 人気で売れている収納ボックス

迷ったら上記の特徴もチェックしてみてください。

クローゼットと言う限られた空間は、どの2人暮らしの住まいでも一緒と言うわけではなく、住まいによってクローゼットのサイズや形が変わってくることが多いでしょう。

このクローゼットのサイズに合わせやすいのが、シリーズ物で販売されている収納メーカーの収納ボックスとなります。

そして、シリーズ物で販売されていれば、同じ収納ボックスで揃えやすいですし、人気で売れていれば廃盤になる事ないので後で追加で購入する事も出来るんですね。

代表的な収納ボックス「天馬 フィッツケース」

皆さんが一度は目にしたことがあるであろう天馬(テンマ)のフィッツシリーズは、収納ボックスの中でも安定した人気があります。

さらにサイズも豊富に用意されているのでサイズがクローゼットに合って、サイズさえ合えばフィッツケースがオススメです。

後で追加しやすい、同じ形で揃えられる、サイズが広く展開されていて丈夫と迷ったらまずはチェックしたい収納ボックスですね。

他には、収納ボックスメーカーではありませんが、無印良品の首脳ボックスは、シンプルなデザインが特徴で、どんな住まいでも使いやすい収納ボックスです。

まとめ

クローゼット内の収納ボックスは、追加で購入しやすいサイズが豊富な収納ボックスが便利です使いやすいです。

収納ボックスは、何個も購入するのでどうしても安い収納ボックスに飛びつきたくなります。

安さも大切ですが、同じシリーズで揃える事で見栄えも良くなり、将来追加する場合や引っ越し先のクローゼットでも使用しやすい収納ボックスになりますよ♪

収納
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's