家具

どちらを選ぶ?完成品と組み立て式家具を選ぶ5つのポイント

更新日:

キャビネット

家具を購入する時に、自宅で自分たちで組み立てるか、それとも完成品を買うか選択肢がありますよね。

日本の住まいでは、組み立て家具の方が家の中まで運びやすいので、多くの家具が組み立て家具ではありますが、どっちが良いの?完成品のがしっかりしてるでしょ?と迷いったりしますよね。

今回は、完成品の家具と組み立て式家具で迷った時に選ぶポイントを5つ紹介します。

スポンサーリンク

完成品と組み立て式の違い

2つの違いはご存知の通り、自分たちで組み立てるか、組み立てないかと言った違いが一つあります。

と単純な違いですが、組み立ての手間がかかるか、かからないかだけじゃないんです。

例えば、付属の工具で組み立てできる簡易的な家具は、初心者の方でも組み立てられるように作られています。

ですが、簡易的な工具で組み立て出来ちゃう作りという事は、締め付けが甘かったり、部品の精度が悪いとゆがみが出る場合があります。

対して、専用の電動工具などで組み立ててある完成品は、強度にも期待が持てます。

さらに、プロが組み立てるとしても、木材などの材料が精密に作られていて熟練の人が組み立てるほど、ゆがみが無くしっかりした造りの家具になってきます。

どんな人が組み立てているかまでは見れませんが、組み立てるか組み立てないかは、手間だけでなく完成した後の出来具合も変わるんですね。

完成品の家具と組み立て家具の特徴

完成品
  • 大型の家具で複雑な造りをしている家具
  • 強度が必要な家具
  • 精度が必要な家具
  • 国内生産
組み立て式
  • 組み立てやすいシンプルな家具
  • 組み立てコストを抑えた家具
  • 国外生産

などの傾向があります。

分かりやすいのが、価格の面ですね。

組み立てるという部分をお客さんに組み立てをして、安く提供できると言うわけです。

完成品と組み立て式の選ぶポイント

選ぶポイント① 部屋に入るか入らないか

まずは基本的なポイントですね。

完成品が欲しくても部屋に入らなければ買うことは出来ません

大型の家具でも家までの通路が通れなかったり、玄関が通らない場合は、組み立て式の家具を選んで、家の中で組み立てて完成させることになります。

ですので、賃貸の方や2階に運びたい方は、一度は搬入経路をしっかり調べておきましょう。

選ぶポイント② 組み立てが簡単か難しいか

組み立てが簡単か難しいかで、完成品を選ぶか組み立て式を選ぶかを決めます。

家具の組み立ての難しさは、大きさ、部品の多さ、複雑な造り、精度が要求される、など色々なポイントがあります。

テーブルや、本棚と言ったシンプルな造りの組み立て家具は、比較的やさしい組み立て家具となります。

食器棚や、テレビボードなど扉のある家具などの可動部がある家具は、組み立てが難しくなります。

ドアを付けたり板を何枚も組み立てると、組み立てた後に家具のゆがみが発生して不具合が出ることもあるんですよね。

選ぶポイント③ 強度

強度が必要な家具の種類によって、完成品を選ぶか組み立て式を選ぶかを決めます。

強度を必要とする家具としては、背の高い家具、食器棚、テレビボード、などがあります。

強度が必要なのに、ヘタに安い組み立て式の家具を選ぶと、ゆがんでしまい強度が不安になんて事もありえます。

ですので、しっかりした強度が欲しい場合は、完成品を選ぶのも視野に入れたいところです。

ただ、完成品の家具が、全てが強度があるとはいかないので、販売店で強度の面をアピールしている家具になると信頼度も上がります。

選ぶポイント④ 家具の大きさと種類

家具が大きいと組み立てが面倒に感じますが、種類によっては組み立て式の方が良い場合があります。

代表的なのがベッドフレームです。

ベッドフレームの場合は、床に置きながら枠組みを組み立てる比較的シンプルな作りです。

組み立てた後もベッドのきしみ問題が発生した時には対策出来ますし、マットレスはそのままでベッドフレームだけ買い替える事も出来ます。

これが、引き出しの付いたテーブルや、収納力のある食器棚となると組み立てるのに数時間かかる事もありますし、稼働する部分がうまく動かない、なんて事もあります。

大きくてもシンプルな造りなら、組み立て家具でもOKですね。

選ぶポイント⑤ 組み立てるスペースがあるか無いか

組み立て式の家具は思っているよりも部屋の広さが重要になります。

大きな家具となると、隙間や通路では組み立てづらいので、何もない新居の方が組み立てやすいですね。

極端に言えば片付ければOKですが、片付けるのが面倒だったり時間が無い場合は、完成品の家具を選んでしまうのも一つの選択肢ではないでしょうか。

まとめ

完成品の家具と組み立て式の家具は、値段の違いや組み立ての手間が目につくものの、上手く選び分けたいですね。

まずは、価格と相談しながら、上手く使い分けてくださいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.