部屋によって調整すべき!カーテンの遮光性を決めるポイントとは

カーテンの遮光

カーテンを選ぶ時にサイズだけでなく、光を通すか通さないかの遮光性は気にしていますか?

遮光とは、「光を通したり、遮ったりする」という意味で、カーテンの遮光性によって、部屋の電気が外に漏れたり、太陽の光を通したりします。

カーテンの遮光は、光を通さなければ良いという事という単純な事ではありません。

今回は、ただ暗くするだけでなく、部屋によって調整するカーテンの遮光のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

カーテンの遮光の目的

カーテンは暮らしを見せない目隠しの役割と共に遮光が存在します。

カーテンの遮光は、

  • 電気の明かりを外に漏れないようにする
  • 太陽の光を通さないようにする
  • 光を取り入れて目隠しとして

と言った目的があります。

光を通したい場所や、光を通したくない部屋と言うように、使い分けたい機能でもあるんですよね。

遮光カーテンは、光を遮る他にも特徴あり

冷暖房効果や防音性も兼ねているのが、遮光カーテンです。

遮光性を高めると生地が暑くなって防音性が上がる事もあったりするので、なかなかバランスが難しくはあります。

カーテンは機能性が豊富なので、どんな機能を優先したいかで順番を決めると良いと思います。

カーテンだけでなくレースカーテンと合わせて上手く使うのもポイントです。

関連 こだわり派のあなたへ!5つの機能性にこだわったカーテンの選び方

カーテンの遮光の特徴

カーテンの遮光のレベル

  • ほぼ光を通さない、遮光1級(透過率99.99%程度)
  • ぼんやり光を通す、遮光2級(透過率99.80%程度)
  • うっすらと光を通す、遮光3級(透過率99.40%程度)
  • 遮光性なし

以上が一般的な基準の遮光レベルで、○級と表されています。

外からの光がまぶしい場合や部屋の電気をほぼ見せたくない場合は遮光1級、日の光が差し込んだほうが良い場合は遮光3級を選んだりします。

中には超遮光と言われる透過率100%もあり、メーカーにより差があるので、参考程度にして下さいね。

カーテンの遮光の等級を選ぶポイント

寝室、キッチン、リビング、階段、廊下など、どの部屋どの場所にカーテンを付けるかで等級を選んでいきます。

単純に言ってしまうと、どの場所は光を通したいか、どの部屋は光を遮りたいか、と言う事になりますね。

例えば、廊下であればレースカーテンのみにして日中の光を通すようにしたり、キッチンであれば、夜は人の動きが分からない様に遮光の級を上げたりするといった事ですね。

遮光1級で光を遮るだけでなく、遮光3級を選んで光を程良く通す選び方もポイントだったりします。

スポンサーリンク

遮光を決めるポイント

日差しが差し込む部屋と遮りたい部屋

寝室は街灯の光や日の光が入らない暗い方が良いと思うかもしれませんが、太陽の光で朝を感じる事が出来る遮光性にすると言った考え方もあるんです。

ですので、あえて寝室やベッドルームは、朝の光をぼんやり通す遮光2級を選ぶという考えもあります。

また、ホームシアターで本格的な雰囲気にする場合は、遮光1級で光を通さない様にすると、より雰囲気のあるホームシアタールームが出来ます。

道路に面している場所、プライバシーを守りたい部屋、明るくしたい場所など、どう暮らしたいかでも変わってくるんですね。

光の漏れを無くしてより暗くするには

遮光1級のカーテンを選べば光を通さなくなりますが、カーテン周りからは光が漏れることがあるんです。

光がもれないようにする対処法としては、カーテンの端を普通に掛けるのではなく、レース用のカーテンレールの端にまわして、カーテンランナーに掛けることで横からの光の漏れを防ぐ事が出来ます。

下からの光の漏れは、カーテンの丈をギリギリまで長くすることで、下からの光の漏れを少なくする事が出来ます。

ただし丈に関しては長くしすぎるとホコリやチリが付きやすくなるので、光漏れか、ホコリが付くかどちらを選ぶかになりますね。

まとめ

カーテンは部屋毎に、サイズだけでなく、遮光性も変えて選んでいきたいですね。

目隠しであれば、レースカーテンもあるので、自分の部屋、パートナーの部屋、2人で使用する部屋など遮光性は相談して決めてくださいね。

カーテン
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's