カーテン

基本は同じ!失敗しないカーテンサイズの測り方

更新日:

メジャー

皆さんは、引っ越しをした当日にまず何が欲しいですか?

引っ越してすぐ欲しくなる家具の一つカーテンがあります。

カーテンは住まいによってサイズも違うので、測り方を間違えてしまうと、寸足らずだったり、床についてしまうなんて事態もありえるので、慎重にサイズを測りたいものですよね。

今回は、自分たちで測る基本となるカーテンサイズの測り方を紹介します。

スポンサーリンク

基本的にカーテンのサイズの測り方は同じ

基本的にカーテンのサイズを測る場所は、

  • カーテンレールの横幅
  • カーテンレールの丈幅

の2ヶ所になります。

カーテンレールは機能レールと装飾レールの種類がありますが、サイズの測り方は基本的には一緒です。

では種類別にそれぞれの測り方を解説していきます。

カーテンレールの横幅の測り方

機能レールの横幅の測り方

①カーテンレールの端にあるカーテンフックが引っかかる部分(ランナー)の中心にメジャーを当てます。

固定されている片側のランナーの中心部分が0cmの場所になります。固定ランナーは、左右のどちらでもOKなので、測りやすい方をスタートの場所にしましょう。

②ランナーに合わせたまま、反対側のランナーの中心まで測ります。

ココがポイント

「左端の固定ランナーの中心」から「右端の固定ランナーの中心」までの長さが、カーテンの横幅の基準となります。

装飾レールの横幅の測り方

①左右の端に付いている固定ランナーが動く場合は、カーテンレールの中心側に寄せておきます。

②中心に寄せたまま、カーテンフックが引っかかる部分(ランナー)の中心にメジャーを当てます。

②ランナーに合わせたまま、反対側のランナーの中心までメジャーを延ばします。

ココがポイント

「中心に寄せた左端のランナーの中心」から「中心に寄せた右端のランナーの中心」までの長さが、カーテンの横幅の基準となります。

窓の種類別の丈の測り方

  1. 掃き出し窓の丈幅は「ランナーの下から床まで」
  2. 腰窓の丈幅は「ランナーの下から窓枠の下まで」
  3. 出窓の中の丈幅は「ランナーの下から窓の台まで」
  4. 出窓の外の丈幅は「ランナーの下から窓枠の下まで」

丈幅の基本的な測り方は、機能レール装飾レールのどのレールでも共通になります。

窓の種類によって測り方は違いますが、0cmのスタートラインはすべて共通で、ランナーの下から測り始めます。

出窓の中に沿ってカーテンを付けたい場合は、ランナーの下から出窓の台まで測りましょう。

オーダーする時のカーテンサイズ

横幅と丈幅をそれぞれ測り終えてオーダーをする場合は、オーダーサイズと言うのがあります。

カーテンをオーダーする時のサイズは、実寸とは違うんですね。

メーカーやショップによってサイズは違いますが、オーダーサイズの目安としては以下の通りです。

カーテンの横の長さの一般的な計算方法

  • 採寸幅×1.05=片開きのサイズ
  • 採寸幅×1.05÷2=両開きのサイズ
  • ※小数点以下は四捨五入です。

がカーテンをオーダーする時のサイズ計算となります。

例えば、実際に計った横の長さが200cmだったとします。

  • 片開きの場合は、210cmの長さを1枚
  • 両開きの場合は、105cmの長さで2枚

となります。

カーテンの丈のサイズの一般的な計算方法

  1. 掃き出し窓の縦幅-1cm~-2cm
  2. 出窓の内側の縦幅-1cm~-2cm
  3. 出窓の外側の縦幅+15cm~+20cm
  4. 腰窓の縦幅+15cm~+20cm

となります。

例えば、窓の縦の長さが100cmだったとすると、

  • 掃き出し窓のカーテン丈は、99cm~98cm
  • 出窓の内側のカーテン丈は、99cm~98cm
  • 出窓の外側のカーテン丈は、115cm~120㎝
  • 腰窓カーテン丈は、115cm~120㎝

となります。

メーカーにより若干の違いがある場合もありますので、オーダーするショップの計算方法に従うのが確実でしょう。

※ショップによって計算方法があったり、ホームページに計算してくれる機能が付いていることがありますので、迷ったら買うと決めたお店で調べてみましょう。

通常の厚手のカーテンとレースカーテンのサイズ

一般的なカーテンレールの掃き出しタイプであれば、レースのカーテンを一緒に使用する場合もあります。

通常のカーテンと、レースカーテンを一緒に使用する時は、通常のカーテンよりも、レースカーテンを丈を短くします。

例えば、掃き出しタイプの180cmの場合、通常のカーテンの丈は178cm、レースカーテンの丈は176cmとなります。

カーテンレールの取り付けタイプとフック

カーテンを取り付けるカーテンレールの種類を細かく分けると

  • 機能レールの天井に付けるタイプ
  • 機能レールの正面で付けるタイプ
  • 装飾レールの段違いに付けるタイプ
  • 装飾レールの平行に付けるタイプ
  • 装飾レールと機能レールの組み合わせ

と同じレールでも取り付ける方法が違う場合があります。

カーテンとレースを掛ける部分が段になっている場合は、通常のカーテンとレースカーテンを別々に測り、それぞれ別々のサイズの注文が必要です。

見せ方で変わるフックの選び方

  • カーテンレールが見えるAフック
  • カーテンレールをカーテンで隠すBフック
  • Aフック、Bフック兼用のアジャスタータイプ

の3種類があります。

カーテンレールを隠す場合は、フック部分はレールより下にする、カーテンレールを見せる場合は、フック部分はレールより上にする事が必要になります。

フックは調整の利くアジャスタータイプもありますので、段差のある場合はアジャスターのフックも候補に挙がります。

細かい部分ですが、見せ方にこだわりたい方は要チェックですね。

まとめ

カーテンは通常のカーテンでも、レースのカーテンでもサイズの測り方は、基本一緒です。

違う部分は、カーテンレールのタイプ、取り付ける部分が平行か段差があるか、カーテンレールを見せるか隠すか、丈をぴったりにするか、長くするか、で実際に注文するサイズが変わります。

今回は、一般的なサイズの測り方になりますが、メーカーごとに若干の差がある場合もあるので、購入するショップで問い合わせたり、確認してサイズの合うカーテンを購入してくださいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.