引っ越し

引っ越しの荷造りで重要!段ボール箱に詰める「緩衝材」の選び方

更新日:

空の段ボール箱

引っ越しする前には色々なモノを梱包して荷造りをしますが、梱包する時に必ず必要になってくるのが「緩衝材」です。

緩衝材は、皆さんご存知のプチプチだけでなく色々な種類があり、ネットショップで買い物をする方は、色々な緩衝材をみかけますよね。

この緩衝材は目的はモノを守る事ではありますが、大切なモノを守るだけでなく視点を変えると色々な面が見えてきます。

今回は、引っ越しの梱包に重要な緩衝材をピックアップして特徴や選び方を紹介します。

スポンサーリンク

緩衝材の役割とポイント

新聞紙とメイソンジャー

【役割】

  • 傷がつかないようにする
  • 破損しないようにする
  • 運びやすい様にする

【ポイント】

  • リーズナブルな価格
  • どんなモノに向いているか
  • 梱包しやすいか
  • ゴミが少ないか
  • ゴミの分別方法
  • 後片付けがしやすいか

と言うように緩衝材をしっかり使って梱包すれば、傷や破損を防ぐのは知られていますよね。

ただ細かく見てみると、緩衝材を用意する値段、梱包のしやすさ、そしてゴミになるまでポイントは結構あるんですよね。

この緩衝材は「プチプチでいいじゃん!」と思うかもしれませんが、緩衝材を使い分ければ準備から後片付けまでラクになっちゃったりします。

借りに使わなくても色々な物を守ってくれるかなり重要なアイテムなので、色々な緩衝材を知っておいて損はありません。

段ボールの選び方

段ボールは直接的な緩衝材ではありませんが、緩衝材を入れる為の箱となるので結構重要です。

引っ越し業者を利用する場合はもらえる事も多いですが、どうしても足りない場合や自分たちで用意する場合もありますよね。

まず、新品の段ボールを買う場合は、大切な物を入れる段ボールは強度の高い丈夫な段ボールを選びましょう。

強度の高い段ボールの特徴は、

  • 中の波になっている芯がダブル構造
  • 紙が丈夫なK7やK6のランク

となります。段ボールにも強度のランクがあるので明確な表示がある方が分かりやすいですね。

また、Amazonや楽天市場などのネットショップなどの中古の段ボールを使いまわす場合は、湿気を吸ってフニャフニャになっていると強度が低くなるので、使わないでおくか、本などの重い荷物や大切な物は入れないようにしましょう。

ガムテープや透明テープで補強は出来ますが、大切な物を入れる段ボールは出来ればケチらないで選んで欲しいですね。

使い分けたい緩衝材

段ボールに入っている新聞紙とプチプチ

プチプチ(エアークッション)

小さい粒の中に空気が入っている通称プチプチはメジャーな緩衝材ですね。

主に包む緩衝材として活躍し、引っ越しの梱包の時には、ロール状で一つあると大きさ問わず色々使えて便利です。

プチプチの向きは、使い方にポイントがあります。

プチプチがある面は、空気が入ってプニプニしているので柔らかく、凸凹しているので物に対して抑えになり動きにくくなります。

プチプチの無いつるつるした側は、モノを動かない様に詰めたりするときに引っ掛から無いので、詰めやすくなります。

どちらかと言うと、プチプチがある面が緩衝材として使いやすいと思います。

プラスチック系の素材の物を包む場合は、擦れてしまうと素材の表面は細かい傷がついてしまうので注意しましょう。

空気緩衝材(エアーピロータイプ)

袋状のビニールの中に空気が入っている緩衝材です。

プチプチの様に空気が入っていてクッション性があるので、衝撃を吸収したい梱包に力を発揮します。

小回りが利かず包むことは出来ないので、枕として詰めたり、空気緩衝材を敷き詰めて動かない様にしたりする役目になってきます。

捨てる時は空気を抜く手間がありますが、ゴミが非常に少ないので個人的にはオススメの緩衝材です。

新聞紙

色々な用途のある新聞紙は、緩衝材としても代表的なアイテムですね。

新聞紙は薄いので緩衝材としての効果は低そうですが、丸めて敷き詰めたり、お皿を包んで重ねたりと柔らかく形を変えやすく使いやすいのが特徴です。

後処理はゴミにしてしまうと量が多いので、キレイなら畳んで野菜などに使いたいですね。

ですが、今ではネットでもニュースを読める時代なので、新聞紙を取っていない場合もあります。

そんな時は新聞紙を買って使うと言う手もあります。買うまでもなさそうですが、野菜を包んだりと結構需要が高いので損はないですよ♪

また、印刷されていない新聞紙もあるので手が汚れなくてオススメです。

巻き段ボール

段ボールの波と紙部分が片面に付いたロール状の段ボールで、波の部分がクッションの役目になる緩衝材です。

巻き段ボールの使い方は、段ボール敷いたり詰め物の枕としても使えますし、プラスチック製品などのデリケートなモノを包んでも傷つきにくくなります。

似た緩衝材ではプチプチがありますが、素材がビニール系統になるので、ビニール系の緩衝材を使いたくない場合には、素材が紙の巻き段ボールが候補に挙がります。

方向によっては折りたたみにくいですが、切りやすいので箱の形に合わせたり、モノの大きさにカットしたりも出来ます。

使いまわすと埃っぽくなったり虫の住処にもなりかねないので、出来たら使い捨てかあまりに長く保管しないようにしたいですね。

使い捨てとして考えると大きなゴミとなってしまうのが弱点ではあります。

あると便利なアイテム

段ボールのこ「ダンちゃん」

可愛らしい名前のダンちゃんは、ギザギザの歯の点いた段ボールのこです。

ガムテープや段ボールを切ったり、空気緩衝材にぷすっとさして空気を抜いたりと色々出来ます。

ダンちゃんの強みは、カッターと比べると刃の部分を触れてしまっても手が切れにくく、ハサミの様に力を入れなくても切れます。

ネットショップで買い物をする事が多ければ、一つ持っておくと便利ですよ♪

まとめ

ネットショップで購入するとガチガチの梱包の時もありますが、大切なモノほど過剰かな?と思うぐらい緩衝材を入れて梱包にした方が安心感が高いですよね。

梱包用の緩衝材は色々ありますが、2人暮らしだとそれぞれに大切なモノがあると思いますので、壊れにくいモノは程よく緩衝材を使って、大切なモノはガッチリと緩衝材を使って梱包してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

レクタングル大PCタブ

レクタングル大PCタブ

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

9つ 5

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 AllRights Reserved.