ふたり暮らしRoom's

2人暮らしにピッタリなモノ選び。帰りたくなる部屋作り。

DIY

賃貸の壁面に穴あけ無しで棚づくり♪壁面収納に便利なDIYアイテム

更新日:

壁の棚に置かれ靴

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。

しかし、新居であっても長く住んでいても、壁に穴を開けられれば色々出来るのに!!と思った事が結構あると思います。

壁に穴を開ける事で収納やインテリア性が良くなる事もありますし、2人暮らしで大切でもある収納スペースの確保として、壁面収納は活かしたいものです。

今回は、予備知識として賃貸の壁の穴あけ基準と、賃貸で壁面の棚づくりに便利なアイテム「ディアウォール」のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

本格的な棚を作るには強度が必要

物を置いたりする棚を作るには、強度が無いと倒れてしまったり棚が折れてしまうなんて事もあり得ます。

本格的に作れば作るほど、安全で安定して使える強度が必要になってきます。

 

強度が必要となると、ネジを打ち込んだりして穴を開ける事を考えてしまいますが、賃貸ではそう簡単に穴あけできません

しかも壁紙の下に隠れている石膏ボードでは、ネジで穴をあけたとしても強度に期待できないのが正直な感想です。

しっかり強度が欲しい棚ですが、賃貸では原状回復という課題がありますし、強度も無いとなると穴を開ける意味が無いと言えるんです

壁に開けられる穴の大きさの目安

一般的には賃貸の壁は、石膏ボードに壁紙が貼ってあります。

この石膏ボードに釘やネジなどを打ち込んでしまうと、穴が大きく石膏ボードの張り替えが必要となってしまい、敷金では補えない部分を支払う可能性も出てきます。

張り替え無いで良い穴の大きさの判断は難しいのですが、「国土交通省の原状回復ガイドライン」より壁へのキズに関する原状回復ついて書かれています。

一部抜粋しますと、

  • 画鋲、ピン等の穴(下地ボードの張替えは不要な程度のもの)・・・賃貸人負担(大家さんの負担)
  • くぎ、ネジ穴(下地ボードの張替えが必要な程度のもの)・・・賃借人負担(家を借りる私たちの事負担)

となっています。

現実的に開けても良い穴の大きさは「画鋲・ピン程度の穴の大きさ」で、「石膏ボードなどの張り替えが必要のない通常損耗として考えられる範囲」で行わなければなりません。

特殊なパーツは抜きにすれば、普通の生活でポスターを貼ったり、カレンダーを留めたりする程度という事ですね。

国土交通省の原状回復ガイドラインは法律ではありませんが、判例(裁判が行われた事例)をもとに作成された国のガイドラインなので、信頼度の高い指標にはなります。

更なる詳細は、国土交通省の原状回復におけるガイドラインを熟読くださいませ。

参考 「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について – 国土交通省

石膏ボードへの穴は「大きくて画鋲の穴まで」

賃貸で石膏ボードへの穴をあけられる範囲は、画鋲、ピン、ホチキス、大きくても画鋲の穴の大きさが目安となります。

ただし、通常の利用で画鋲やピン、ホチキスだけだとなかなか自由度が上がりませんし、何より穴を開ける事自体を避けたい方、がっちり固定したいと思っている方も居るかと思います。

そこで検討したいのが、お部屋の壁を使うのではなく、柱を作って棚を作る方法です。

DIYで人気のあるアイテム「ディアウォール」なら、壁に穴を開けないで柱が作れて棚を取り付ける事も出来ます。

穴あけ無しで柱が作れるDIYパーツ「ディアウォール」

【棚づくりに必要な物】

  • ディアウォール(上下のセット)
  • 2×4(ツーバイフォー)の木材
  • DIYする場合は対応した工具類

【特徴】

  • 床から天井までの強度の高い突っ張り棒の役目
  • 壁に穴をあける必要なし

ネット上でも非常に評価の高い「ディアウォール」と言うアイテムです。

ホームセンターで売られているツーバイフォー材と言う規格の木材の上下に靴を履かせるようにディアウォールをはめて、ディアウォールの伸縮を利用して天井と床でつっぱった状態で固定して、強度の高い、自由に穴の開けられる柱が出来ると言うわけですね。

強度が非常にあり、穴も自由に開けられるとメリットが多いのですが、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

柱になる2×4(ツーバイフォー材)

2×4(ツーバイフォー材)の選び方

2×4(ツーバイフォー材)は、長い柱の木材を選ぶ事になるので、

  1. 反り
  2. 曲がり
  3. ねじれ

上記3つが限りなく少ないツーバイフォー材を選びましょう。

ディアウォールは補助するアイテムで、柱の中心となるのはツーバイフォー材です。長い柱となると多少の反りやねじれは出る事があり、加工の技術が上がっているとはいえ、個体差があるのが正直なところです。

チェックの仕方は、キレイで平らな面においてカタカタしないかをチェックするか、台の上など目線の高さでチェックしましょう。購入前は商品なので、地面に置くのは推奨しません!

2×4(ツーバイフォー材)のサイズ

  • 設置する場所の床から天井までの長さ-400mm

が適しているサイズになります。説明書には-450mmとなっているのですが、緩いと感じると口コミが多いのです。

もし長かった場合には、家でのこぎりでカットすれば短くできますが、短くカットした木材を長くすることは出来ないので、-400mmのサイズでカットしてもらいましょう。

-400mmのサイズで設置しようとした場合にキツイと感じたら、少しカットして調整しましょう。

一つ注意は、サイズがきついのに無理やりはめ込むと天井や床が傷つく可能性があります。

壁面や部屋の角なら安定度は高いので無理にきつくして強度を上げる事が無い様にして下さいね。

ディアウォール設置のポイント

天井は「強度がある場所」に設置

天井を測る時にグッと押し上げて見て、ゆがむ様な場所では十分な突っ張り効果が得られないので利用が出来ません。

イメージとしては、ベニア板の様な薄くてしなるような場所ですね。

基本的には壁際と天井の角部分にはなると思いますが、その中でも特に強度が期待できるような柱が通っている場所が理想かと思います。

床は何もない場所に設置

  • クッションフロア
  • フローリング

この2つが設置する床の基本となる場所になります。

クッションフロアは自分たちで敷く他にも、最初から敷いてある場合もありますが、ラグマットなどを敷いていると突っ張っていたとしても、柱を揺らしたら動いてしまう危険があるので、床には何もない状態が良いです。

しっかり突っ張っていて、動かないようにしましょう。

ディアウォールの設置手順と注意点

  1. 2×4(ツーバイフォー材)にディアウォールをセット
  2. 設置したい場所の天井にディアウォールを当てて
  3. 天井側に押し付けながら床側を動かして設置する

この手順になります。

もし天井側をスライドさせることになると、天井や壁紙にすり傷などがつきやすいので天井側に押し当てながら床側のディアウォールをスライドさせて設置しましょう。

ディアウォールの活用方法

ディアウォールは、木材の柱を作る「突っ張り柱」としての役割がありますので、いくつか例を出すと、

  • 重量のある物を固定したい場合
  • バッグや帽子などの小物を掛ける部分を作る
  • ダイソンのコードレスクリーナーを掛ける
  • 2セット利用して、棚を作る
  • テレビの壁掛けに利用する

など、ちょっとした引っ掛け部分を作ったり、本格的なDIYをして棚を作ったりとかなり活躍するアイテムです。

柱をアレンジしてよりオシャレに

  • 2×4(ツーバイフォー材)の木材をペンキやスプレーで色を塗る
  • マスキングテープでオシャレにアレンジ

と言った部屋に合わせたデザインのアレンジも可能です。

ディアウォールの色も白、ライトブラウン、ブラウンの3種類あるので、壁の色に近づけたり、木材の色を濃くしたりすれば、より部屋のインテリアの統一になります。

壁面としての自由度だけでなく、色を変えられるのも木材を使用する強みでもありますね。

床から天井までの距離を測ったり、2×4(ツーバイフォー材)を用意した入りと、ちょっとした準備が必要なのがデメリットではありますが、コストパフォーマンスが高く、かなり評価の高いDIYアイテムだと思います。

まとめ

ディアウォールは、強度のある柱が立てられ穴あけ自由となるのが強みです。

突っ張りアイテムが色々ある中でも、価格も抑えながらしっかりした強度を確保できる便利なDIYアイテムです。

適当な棚を購入するより、突っ張り効果で地震対策にもなりますし、何より新しい住まいにピッタリの壁面収納を比較的簡単にDIYする事も出来ます。

壁を傷つけるから・・・と諦めないで、ディアウォールなどのDIYアイテムを利用して賃貸での2人暮らしをより快適な空間にして下さいね。

ラブリコと言うディアウォールと似ているDIYパーツも販売されています。違いや特徴をまとめていますので、気になった方は下記の関連記事も覗いてみてくださいね。一緒に使うと便利なDIYパーツも実例を混ぜながら特集しています♪

関連 賃貸の味方!DIYパーツ「ディアウォールとラブリコ」の特徴まとめ

関連 ディアウォールと一緒に使いたい♪「柱に付けるDIYパーツ」7選

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2018 All Rights Reserved.