暮らし

減らして快適暮らし♪「ホコリを減らす」掃除のコツとモノの選び方

投稿日:

フローリングの床

どんな2人暮らしでも問題となる「ホコリ」は、無い環境で暮らしている方は0と言っても過言ではありませんが、ホコリが多い、ホコリが少ないと言う違いはありますよね。

何もしなかったり、しょうがないと思っていると減らせないのがホコリであり、掃除と言う手間だけでなく、ちょっとした知識と、ちょっとした工夫、そして実はモノの選び方によってもホコリが増えたり減ったりもします。

スポンサーリンク

そもそもホコリって?

  • 綿
  • 食べ物のカス

と言ったものがメインとなっており、目に見えない微細なゴミも含まれていて、「ハウスダスト」とも言われアレルギーの原因であるアレルゲン物質とも言われています。

メインとなるのは綿ボコリ、砂ボコリ、土ボコリとなりますが、さらに気になるのが、

  • ダニ
  • カビ
  • 花粉

も含まれている事があるという事です。花粉の様に外から持ち込んでしまったり、家の中で増殖するカビやダニと言った生き物もホコリの一部となりハウスダストとなってしまうのですね。

目で見えるホコリとしては、灰色の綿の塊だったり、ライトなどに照らされた空気中の綿ボコリなどが身近で分かりやすいかと思います。

以前特集して記事にしたカビ対策やダニ対策も大切ですが、布団やマットレスだけでなく、部屋全体のホコリを減らして、特に長く過ごす場所のホコリを減らして快適に過ごしたいですよね。

https://2rooms.info/mite-mattress/

https://2rooms.info/bed-mold-countermeasure/

 

ホコリ自体は、こびりついたゴミではないので、掃除しやすい反面、目に見えないホコリが空気中を対流しやすいので、ちょっとしたクセや掃除の方法を見直す必要があり、知っておけばホコリを減らすことにも繋がります。

掃除のコツ

掃除の時間帯

  • 朝起きてすぐ
  • 共働きで家を出て先に帰ってきた時
  • デートで出かけて帰ってきた時
  • 旅行に行って帰った時

と言った様に、ホコリ掃除をする時間帯としては、「動かない時間が続いた後」がベストです。

これはなぜかと言うと、

  1. 人が動いていない時間が長く続く
  2. ホコリが停滞・床や家具などに舞い落ちる
  3. 空気中に舞っているホコリが少ない状態

という事になります。

つまり、朝起きて歯を磨きに行く、ソファーでコーヒーを飲む、ダイニングテーブルで朝食を摂るなどすべての動きはホコリが舞い上がる原因なんです。

なので、出はいりが多いような場所は特に「動いていない時間の後」がホコリ掃除としてのタイミングとなります。

窓の開けるタイミング

窓は開ければ良いと言うわけではありません。ホコリの場合は、舞い上がらせないで除去するのが目的でもあるので、

  • 風が強くない日は、窓を開ける
  • 風が強い日は、窓は開けない

と言うようになります。

窓から強い風が入ってくると、砂ボコリが入ってくる事と床のホコリが舞い上がってしまうので、風が強い日には窓を開けない様にしましょう。

上から下へ

掃除の基本ともいえるのが、上から下に掃除するですよね。

理由としては高いところからゴミが落ちるから上から掃除するという事なので、ホコリの掃除でも同じことが言えますね。

ただし、毎日の様に脚立を登らなくてはいけないような場所の高い場所までの掃除は非常に大変なので、日ごろの掃除は手の届く範囲が良いかと思います。

ファブリック素材は叩かない

叩かない方がよいファブリック素材の代表と言えば、「布団」ですよね。

ファブリック自体がホコリの温床となっていたりするので、布団だけでなく、マットレスやソファなどは、掃除機で吸い取りましょう。

特にダニなどが空気中を舞う原因ともなるので、ファブリック系は叩かないと思ってもらっても過言ではないでしょう。

https://2rooms.info/mate-countermeasure/

掃除機は仕上げに使用

人が動くことでホコリが舞い上がる原因となると記載しましたが、掃除機を使用すると排気の勢いでホコリが舞い上がってしまいます。

その為、フローリングやタイル部分は、まず濡れている雑巾や、クイックルワイパーなどのウェットシートやホコリを吸着できる吸着シートで出来る限り取り除きます。

ポイントになるのは、カラ拭きではなく濡れぶきだったり、吸着できる特殊なシートなどでホコリを舞わないで掃除をする事になります。

その後、掃除機を使用して仕上げとなります。

柔軟剤で付きにくく

綿ボコリは静電気がある場所に引き寄せられ、吸着してしまいます。

静電気を防止するのに役立つのが柔軟剤で、水1ℓに対して数滴程度入れてからよくかき混ぜ、柔軟剤入りの水で浸した雑巾を良く絞り、家具などを拭きます。

この事により柔軟剤の静電気除去の効果で、ホコリが付きにくい状態にすることが出来ます。

家具全般で使用できますが、無垢材などデリケートな家具や分からない場合には目立たない所で変色しないかテストして下さいね。

https://2rooms.info/furniture-cleaning/

モノの選びと扱い方

ファブリック系のモノ

  • 掛け布団
  • 敷布団
  • ベッドアクセサリー
  • ラグマット
  • カーペット
  • 洋服
  • タオル

などはほぼファブリック製品、布を使用しており、上記の様なファブリック製品はすべて「綿ボコリ」の原因となります。

良く「ファブリック製品を無くす」とか「減らす」と言われていますが、私としては無暗に減らすのではなく、メリットやインテリア性も考えて減らせるものは減らすと言う形がベストではないかと思います。

例えば、ベッドマットやシーツ類、ソファーカバーは汗を吸収してくれ、カビや汚れの防止にも役立ちますし、冬の寒い時期に毛布も使用したいですよね。

 

他にもテーブルクロスやランチョンマットと言うインテリア性もあるファブリック製品や、そして、キッチンマットやラグマットと言った、足元の汚れや防音に繋がるファブリック製品はメリットも大きいです。

2人にとって外せないファブリック製品は、「洗濯可能」な事はポイントとなるでしょう。

https://2rooms.info/bed-pad-moisture/

https://2rooms.info/mat-rug-carpet/

インテリアや小物類

可愛い小物や雑貨小さいからこそ買いやすい物の増えれば増えるほど、

  • ホコリが細かく積もり掃除しにくくなる

事に繋がってしまうんですね。

無くしたいのはやまやまですが、小物や雑貨類は、癒されたりインテリアとしても利用できるので、無くす方向だけでなく、ただ衝動買いしないで、本当に気に入った物を購入すれば愛着が湧き手入れもする事にも繋がるかと思います。

空気清浄機を使う

  • ホコリ
  • 花粉
  • カビ菌
  • ダニのフン
  • ダニの死骸

と言った様に空気の清浄と言っても、空気清浄機にはざっくり説明すると上記の様な物質を吸い取ってくれる機能があります。

さらに加湿する事で空気中のホコリが舞いにくくなるメリットもあります。これはホコリが少ないと言われている浴室が分かりやすいかと思います。

まとめ

掃除の頻度がこまめな家ほど舞い上がるホコリも少なくなり、結果積もるホコリも少なくなります。

これからホコリとはずっと付き合う事になるので、あなた自身がホコリに敏感な場合はもちろんの事、パートナーが特定の部屋にいるとくしゃみをする場合などはホコリが原因の一つになっている事もあるので、出来る限りホコリを取り除いて快適な暮らしをして下さいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.