参考にできる?海外のインテリア実例集で見るべきポイントとは

リビングのインテリア

皆さんは、海外のインテリア実例集を見た事がありますか?

海外ならではの配色や特徴的な家具などステキなインテリアの部屋が多くあります。

ですが、日本じゃない海外だからこそ「参考になる部分」と「参考にならない部分」と言うのがあるんです。

今回は、海外のインテリア集を参考にする場合のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

見る内容によって変わる

海外のインテリア実例集を、どう見るかによって参考にするかどうかが決まります。

  • 実例集を見るのが好き
  • 実例集のインテリアを参考にする

の2通りに分かれます。

実例集を見るだけなら、好きなように見てOKですよね。

ただ、海外のインテリア実例集参考にして住まいに取り入れる場合はそうは行かないんです。

好きなように見て参考にしてしまうと、いざ導入してみるとイメージと違ったり、使い勝手が悪いなんて事にもなりかねないんです。

海外だからこその部分は取り除く

日本に住んでいて、海外のインテリアを参考にする場合は、お部屋の広さや、海外ならではのと言った部分は取り除くと参考にしやすいです。

もちろん、これから戸建てをする場合は予算の許す限り憧れに近づけるので、参考にしまくってOKですね。

では、海外のインテリアを実例集で参考にする場合のポイントを説明します。

スポンサーリンク

参考になる部分

色の組み合わせなどの配色

海外の方の感性は、日本人とは違う感性の配色は全く違う事もあります。

「結構派手だけど、まとまってる」「この色とこの色の組み合わせは良いな」など、配色は参考になる部分が多くあります。

好みの色を見つけるのも面白いですね。

家具の配置を切り取ってみる

部屋が広くても、部屋の一部を切り取る様して見てみると、参考になる部分があります。

これは、家具のショールームでも同じように見ることが出来ます。

大きな部屋の写真だと全体を見てしまいがちですが、ソファ周り、テレビ回り、本棚周りなど、気になる場所を限定して見てみて下さい。

一部分を見てみると、配置や家具の種類や大きさなど参考にしやすくなります。

関連 広さに惑わされてない?ショールームで家具を選ぶときの4つのコツ

参考にならない部分

部屋の間取り

部屋の間取りは、日本に比べると広い部屋が多いのが海外の特徴だったりします。

写真を見るだけで広いと感じる部屋で、広々と家具を配置している実例集は参考になりづらいです。

似たような家具を2人の住まいに揃えたとすると、非常に狭くなると言う結果になると思います。

広い部屋は理想的ですが、なかなか真似できるものではありませんね。

特別なものがある部屋

例えば、庭にプールのある部屋、吹き抜けが大きい部屋、暖炉のある部屋などは、これから家を造る戸建てでの参考例です。

「○○のある部屋はリゾート気分で~~」とかありますが、家具以外の特別な施設がある前提のインテリアだと、日本の住宅環境では、なかなか実現するのは難しいです。

まとめ

憧れや好きで海外インテリアの実例集を見るのと、実際に海外のインテリアを参考にして部屋作りをするのでは、見かたが変わってきます。

海外のインテリア実例集では配色や、一部分を切り取ったインテリアは参考になり、日本の住宅で実現できることを考えて実例集を見てみて下さいね。

家具
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's