布団 収納

押入れ無しでもスッキリ!賢く利用したい「布団の収納アイテム」4選

更新日:

布団の上で眠る猫

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。

この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が無く洋室のみの住まいも増え、和室特有の押入れが無い住まいがあったり、クローゼットなど布団の収納スペースが無い住まいもあるようです。

そこで、押し入れ、クローゼットが無い場合で布団を収納する事が出来るアイテムを4つ紹介します。

スポンサーリンク

まず「押入れ」の状況はどうか

  • 押入れやクローゼット自体が全く無い
  • 押入れやクローゼットはあるが数は少ない
  • 物が多すぎて押入れ、クローゼットが満載

と言った様に押入れの状況は上記の様に分かれますよね。どれも布団が収納できない状況にはなりますが、物が多すぎる場合は、断捨離や整理整頓をしてから圧縮袋を使用すれば基本はOKです。

その為、収納スペースがあって「片付ければ布団が収納できるなぁ」と言った状態の場合には、押入れやクローゼットの整理をして布団の収納スペースを作って下さいませ!

布団を収納出来る4つのアイテム

ソファになる布団ケース

【使用ポイント】

  • 見せる収納として
  • 使用しない布団をソファとして活用する

結構知られているケースの一つではないでしょうか。

収納すると四角になるスクエアタイプのケースと、円柱の形になるラウンドタイプの2つのケースがあり、布団を丸めたり折りたたんでケースに入れる事で、収納しながらソファの様なクッション変わりとして使用します。

ですが、来客用として使用している方も多い様ですが、毎日のようにソファとして使用するにはソファのほうが良いでしょう。

また、ソファとして良く使うと人の汗が湿気の原因となりかねませんので、ダニの発生やカビの発生を抑える為にもケースに入れっぱなしにならない様にしましょう。

長期的に保管するには他の布団収納の方が優れていますし、毎日収納するには面倒になるアイテムではあるので、上手に利用したい布団ケースだと個人的に思います。

布団収納袋

【使用ポイント】

  • 見られても良い収納に
  • 裸で置きたくない方
  • 衣替えで使わない布団類を収納

布団収納袋は、ソファになる布団ケースに似ていますが、通気性の良い不織布のケースがメインとなっており、布団を入れるバッグの様なアイテムとなっています。

持ち運び出来る取っ手付きもあり持ち運びできるほか、防虫、防カビと言った機能面もあるので、基本的には押入れ用なのですが、そのまま床に置いておくよりは良い保管方法です。

普段から出し入れするのには向きませんが、「保管する」という点では選択肢に挙がると思います。

布団タンス

【収納ポイント】

  • 専用の収納タンスを用意する
  • 毎日収納する方

カバー付きの収納ラックや、布団収納用タンスや布団収納庫と言った名称で販売されている、布団が収納できる収納家具になります。

寝室、ベッドルームの一角に布団を収納できる専用のタンスを「家具として用意」するので、備え付けの押し入れやクローゼット感覚で使用できるのが強みです。

毎日の布団の収納や、模様替えの布団の収納まで使いやすいと言えるでしょう。

ただし、家具なのでどうしても「置くスペースが必要」と言うのがデメリットになります。

家具一つ追加して置いても邪魔にならなかったり、あえて大き目の壁面収納にして布団だけでなく家の収納スペースとして用意するのもありでしょう。

今使っている寝具のサイズ、部屋においても問題ない大きさなど、サイズをしっかり図ってから選んでくださいね。

布団収納ラック

【収納ポイント】

  • 床に置かない収納
  • ラックに布団を置く

押入れの中で使う事が多い収納ラックを、布団の収納スペースとして活用する方法です。

収納ラックの中でもキャスター付きで移動できるタイプもあるので、掃除する時に布団を載せたまま移動する事も出来ます。

壁と壁の間、柱と柱の間、家具と家具の隙間などのデッドスペースを布団の収納場所にするのも良いですね。

布団収納袋を利用すれば衣替えも出来ますし、ラックの上に乗せて置くので、床のホコリもつきにくくなります。

ポイントなのは、布団が見えてしまう事です。気になる場合は、裁縫で使うようなカバーをかけて置くとホコリがかぶりにくく目隠しにもなります。

DIYが得意な方であれば作れちゃいそうなので、作れる方は作ったほうが安上がりになりますよ♪

まとめ

押入れやクローゼットがない場合は、スペースの空きを作ったり、新たに収納スペースを用意したり、置きっぱなしになる場合は、ケースなどで部屋に置くと言う選択肢となりそうです。

こう考えて見るとメンテナンスの面などで洋室の方が良いのかもしれませんが、和室の押入れは貴重な収納スペースという事と言えそうですね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.