暮らし

殺虫剤から天然成分まで!ゴキブリ退治&予防アイテム8選

更新日:

モダンな部屋

梅雨が開け本格的な夏に向かっていく頃、そして涼しくなり始める秋にかけて良く活動し始め目にする事が多くなる「黒いヤツ」がいます。

そうです!Gことゴキブリです!!

名前を聞くだけでゾッとしたり、怒りを覚える憎い存在ですよね。

そんなゴキブリは、見かけた時に退治する殺虫剤だけでなく、天然成分での予防や、家庭にあるものなどを使ったりと、色々な方法で対策も出来たりします。

今回は、殺虫剤だけじゃなく安心して使える天然成分も含めた、ゴキブリ退治&予防アイテム8種類選んで紹介します。

※今回の記事でG本体の画像やイラストをアイキャッチとして使用していません。ですが、ゴキブリと言う名称は出てきますので苦手な方は無理に閲覧しないようご注意くださいませ。

スポンサーリンク

ゴキブリ対策は退治だけじゃない

パンチする男性

ゴキブリ対策の土台となるのは、部屋の掃除になります。エサがないような住まいを作るのがベストですね。

そして今回の本題、ゴキブリ対策のアイテムを使うポイントは3つあります。

部屋に入らない様に予防する、見かけたら素早く退治する、そして殺虫剤などを管理すると言う3つの事で対策していきたいんです。

ゴキブリを見かけたらスプレーで退治する事が多いと思うのですが、いざ使う時に中身が無いと逃がしてしまう事があります。

また、置き型の殺虫剤は一度置けばいいと言うわけではないので、効果が持続するように管理していかなくてはいけないんですよね。

予防する事で外から部屋に入るゴキブリを少なくする、見かけたら効果のある方法で退治する、管理して効果の持続といざと言う時に使えるようにする、この3つがポイントですね。

あなたに合う対策方法を選ぶ

対策方法は色々ありますが、皆さんに合う方法を選んでいくことも大切です。

と言うのも、以前逃げ回るゴキブリに殺虫剤をかけまくったのですが、逃げない様にドアを閉めたので換気が悪かったのです。

なので、自分も鼻から殺虫剤を吸ってしまい、しばらく鼻が痛くなってしまった経験があります。

ゴキブリ退治には殺虫剤だけでなく色々な方法があるので、自分の身体に合うもの、部屋を傷めない方法、殺虫剤を使わない方法など、あなたの身体と住まいに合う対策方法を選ぶ事も大切です。

ゴキブリが嫌うモノで対策する

みずみずしい柑橘類

柑橘類

【主な種類】

  • レモン
  • みかん
  • オレンジ
  • グレープフルーツ

【使い方】

  • 皮を乾燥させてポプリの様に使う
  • スプレーにして吹きかける

柑橘類の香りは皆さんも好きな方が多いと思います。

人が好む柑橘系は、ゴキブリにとっては苦手だったりします。

柑橘類のリモネンと言う成分は、嫌って避ける成分でもあり、かかると動けなると言うゴキブリが有害な成分になっています。

果肉は私たちが美味しく頂いて、皮を乾燥させてゴキブリが現れそうな場所の近くや、外から侵入してこない様に部屋の窓際などに置くと防虫の役割となります。

生乾きだとカビる可能性もありますので、定期的に捨てて新しいのと交換したいですね。

また、効果の高いと言われるレモン果汁のスプレーをゴキブリに吹きかければ、動きを鈍くしたり、動かなくなります。

一つ注意点は、柑橘類の皮のエキスは、発泡スチロールなどにかけてしまうと溶けてしまう可能性があるので注意しましょう。

香りの強いハーブ

【主な種類】

  • ミント
  • ペパーミント
  • ハッカ
  • レモン
  • レモングラス
  • ローズマリー
  • ラベンダー

【使い方】

  • 栽培する
  • 乾燥させてポプリにする
  • スプレーにして吹きかける

柑橘系の香りがするハーブ、清涼感のある香りのハーブ、スパイス系の刺激のあるハーブが対象となっています。

使用する方法は、ベランダで鉢植えで育てて外からの侵入を防いだり、収穫した葉をゴキブリの出現しそうな場所などに置いて、ゴキブリが近づかない防虫効果の役目があります。

ハーブは、育てる手間が無く手軽に使えより効果が期待できるアロマオイルと比べるとどうしても見劣りしてしまうのが弱点ですね。

上記はゴキブリが嫌うハーブの中でも一部ですが、ハーブに詳しくない方でも有名で分かりやすいハーブかなと思います。

ですが、ハーブには注意点が2つあります。

一つ目は、バニラなどの甘い香りはゴキブリが好む香りなので、好みであっても避けましょう。

二つ目は、ハーブの中には、ミントの様に物凄い勢いで増えてしまうハーブの種類もあります。ハーブを育てる方は育てやすさだけで選ばない様に注意して下さいね。

天然由来のエッセンシャルオイル

【主な種類】

  • ベチバー
  • ゼラニウム
  • ミント
  • レモングラス
  • スペアミント
  • ペパーミント
  • ハッカ

【使い方】

  • 普通にアロマとして使う
  • 塩やコットンにオイルを染み込ませて置く
  • スプレーにして吹きかける

エッセンシャルオイルのポイントは成分になり、100%天然由来の精油を使う事がポイントです。

人工的な香料のモノは香りのする液体でエッセンシャルオイルではないですし効果がありません。必ず100%天然のエッセンシャルオイルを使いましょう。

エッセンシャルオイルはハーブよりも手軽ですし、何より部屋でアロマディフューザーでアロマを楽しむだけで、ゴキブリが嫌う成分が部屋中に広がってくれます。

ハッカ、スペアミント、ベチバー、レモングラスなどはゴキブリが近づきにくくなる防虫効果が高いと言われていますが、リラックスできる好みの香りを選ぶのが大切です。

手軽に楽しみながら防虫出来るエッセンシャルオイルですが、2つ注意点があります。

まず一つ目は、バニラなどの甘い香りはゴキブリが好む香りなので、好みであっても避けましょう。

2つ目は、プラスチック製品の中には素材を溶かしてしまう可能性があるので、スプレーをかける場所と容器に注意しましょう。

ハッカ油(はっかゆ)

【必要なモノ】

  • 無水エタノール 10ml
  • 天然成分のハッカ油 5~10滴
  • 水 90ml

参考 ハッカ油コラム01|健栄製薬

【使い方】

  • スプレーにして吹きかける
  • コットンなどに染み込まて置く

水にハッカ油を数滴たらして混ぜたスプレーで、基本的にはエッセンシャルオイルスプレーなどとと同じ使い方です。

ハッカの清涼感ある香りが無くなれば使うタイミングなので、使うタイミングが分かりやすいのもポイントです。

ハッカ油の香りは、ゴキブリが近づかない防虫効果があり、ゴキブリが嫌うだけでなく蚊も嫌うので、夏にぴったりなアイテムでもあります。

使用の注意点としては、ポリスチレン製の素材を溶かしてしまうので、スプレーをかける場所と容器に注意しましょう。

割高にはなりますが、最初から作られているハッカ油スプレーを使っても良いですね。

アルコール

【必要なモノ】

  • 度数50%以上のアルコール

【使い方】

  • スプレーにして吹きかける

度数の高いアルコールは揮発性が高く、ゴキブリに吹きかけると窒息して退治する事が出来ます

度数が高いアルコールは揮発性が高いのですぐ乾きますし、殺虫剤の様な吹きかけた後の掃除もいりません。

度数50%以上のアルコールの中でも、オススメなのがパストリーゼ77と言うアルコールです。

なぜオススメかと言うと、酒造会社が作っていて食品にかかっても問題ない醸造アルコールで作られたスプレーなので、食器の近くにゴキブリを発見してもシュッと使いやすいんです。

さらに、パストリーゼ77の様な食品会社でも使われるアルコールを使えば、効果的で安全性も高くより使いやすくなります。

ゴキブリ退治だけでなく掃除、抗菌、除菌、防カビと色々な場所で使えるので1本あればかなり便利ですよ♪

ちなみにスピリタスの様な度数の高いお酒でも退治する事が出来ます。

柑橘系の食器用洗剤

【必要なモノ】

  • 食器用の中性洗剤

【使い方】

  • 濃いめのスプレーにしてかける

食器用の中性洗剤は、汚れた食器の油を落としてくれますよね。

この油を落としてくれる効果がゴキブリに有効で、ゴキブリははじくことのできない中性洗剤を浴びると窒息して退治する事が出来ます

そして中性洗剤の中でも、苦手とする柑橘系であるとより効果的とのことです。

中性洗剤の弱点は即効性が無い事です。

もし水を流せる場所なら、中性洗剤以外の、カビキラーやカビ取り剤などの洗剤でも退治する事が出来、泡で噴射できるタイプなら動きを抑制する事が出来るのでなお効果的です。

効果的な殺虫剤の種類

化学のイメージ

天然成分や身体に優しい成分で退治する方法がオススメではありますが、やはり殺虫剤に頼りたい方も居るでしょう。

ここでは、殺虫剤のタイプを見ていきましょう。

スプレータイプ

ゴキブリが現れたらシューっと吹きかけるお馴染みのスプレータイプの殺虫剤ですね。

ゴキジェットが有名ですが、スプレータイプは直接吹きかけるだけでなく、隙間に噴射して追い出す事も出来たりします。

使い方はシンプルですが、長い時間噴射して鼻から吸ってしまうと、鼻を痛めてしまうので注意が必要です。

個人的には、噴射用とノズル付きの隙間用の2本あれば幅広く使えると思います。

置き型タイプ

毒となるエサを置いて食べさせることで、ゴキブリの巣ごと退治するタイプです。

ブラックキャップやホウ酸ダンゴが有名ですね。

置き型の強みは、置いておけばあとは食べてくれさえすれば退治する事が出来る事です。

半面、効果の期間が決まっているので管理が必要なのと、殺虫剤をふきかけてしまうとエサを食べなくなるので注意が必要です。

そして、皆さんも気になるであろう食べた後はどこに行ったのかが不安ですよね。

置き型タイプの中には、毒となるエサを食べると水分を奪って干からびさせる効果もあるものがあります。

家の中を清潔に保ってエサが無い様にすれば、食べた後は下水などに水を求めて出ていくとの事なので、毒餌を食べたゴキブリの多くは家の中よりも外で退治できるようです。

外からの侵入は、嫌がる薬剤、中にいるゴキブリはエサで駆除すればより効果的なと思います。

最終手段!?最強のゴキブリ駆除

お任せください

プロに依頼する

薬剤をしようしても上手くいかない、ゴキブリの数が多い、とにかく根絶したい場合は、プロに相談して依頼するのも手です。

対応した地域しかできないのがデメリットではありますが、対象となる地域なら根絶するつもりでプロに任せると、より効果の高い結果になると思います。

もう無理だ!と思ったら諦める前に最終手段として相談してみてはいかがでしょうか。

参考 プロにお任せ!ゴキブリ駆除サービス【ダスキン】

まとめ

まずは、キッチンを中心とした部屋をキレイにしてゴキブリ寄ってくるようなエサを無くすことが大切ではあります。

そして、嫌いな成分やニオイで寄せ付けない、見かけたら退治する、そして殺虫剤を管理するこの3つが基本的なポイントです。

ゴキブリ退治に必要なモノは結構リーズナブルなので、色々なモノを選んで試し、ゴキブリの居ない快適な住まいにしていきましょう!

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.