家電

ヒーター?ストーブ?寒い冬をポカポカにするあったか暖房機器特集

投稿日:

ストーブの前で眠るネコ

初秋を迎えると冬に向けて寒くなってくると活躍するのが暖房器具ですよね。

暖房器具はエアコンやコタツ、ヒーターなど非常に多くの種類があり、細かく分類すると冷房器具よりも多いので、選び方に困ってしまいますよね。

今回は寒くなる前に余裕をもって選ぶために、寒い冬をポカポカに過ごす為のあったか暖房器具を特集していきます。

スポンサーリンク

暖房器具は大きく分けると2種類

灯油タンクとファンヒーター

暖房器具は大きく分けて2種類あります。その種類とは何を燃料にするかで、「灯油を使用して暖めるタイプ」と「電気を使用して暖めるタイプ」があります。

の2タイプが一般的な暖房器具のタイプで、何を使って暖めるのかの違いではありますが、電気代や燃料代に加えて安全性も関係があります。

特に暖房による電気代は、暑い季節の夏よりも寒い季節の冬の方が電気代がかかるので、結構重要な部分でもあります。分かりやすいのがエアコンで、30℃から25℃に冷やすのと、5℃から25℃に温めるでは後者の方が温度差が大きいので電気代もそれだけかかってしまうのですね。

安全性と光熱費のどれも無視できない部分ですが、これから使いたい場所、今使っている暖房器具と合わせた選び方で選ぶのもポイントです。

「燃料」を使ってあたためる暖房器具

ソファ横の灯油ストーブ

石油ストーブ

【代表的なメーカー】

  • CORONA(コロナ)
  • アラジン
  • TOYOTOMI(トヨトミ)

【暖める範囲】

  • 部屋全体

ストーブと言えば石油ストーブを思い浮かべるほど代表的な暖房器具ですね。

点火用にハンドルなどを使うシンプルな操作で使いやすいのが特徴で、タイプによっては石油ストーブの上の天板でヤカンを置いてお湯を沸かしたりアルミを敷いて持ちを焼いたり、豚汁やモツなどをコトコト煮込む事も出来ます。

石油ストーブの選ぶポイントは、

  1. 熱が全方向に広がる「対流式」
  2. 銀板で熱が前に反射する「反射式」
  3. 灯油タンクの容量

石油ストーブは、熱の広がり方の違いを知ってタイプを選ぶ事がメインとなってきます。

「対流式」石油ストーブは、下方向を抜かして全体的に熱が広がるので、置く場所は周りに何もない場所になります。

「反射式」石油ストーブは前と上に熱が広がるので、横や背面は厚くならないので、置く場所は壁の近くなどにもおけます。

温かくする能力としては対流式の石油ストーブとなりますが、狭い部屋でも置きやすいのは反射式の石油ストーブになってきますので、最終的にはストーブを置ける場所、使い方で選ぶ事になりますね。

ガスストーブ

【代表的なメーカー】

  • リンナイ
  • ニチネン

【暖める範囲】

  • 部屋全体

ガスストーブは、灯油の代わりにガスを使用して暖めるストーブで、2つのタイプがあります。

形や熱の広がり方は石油ストーブと似ていますが最大の違いが「ガスを使う」と言う部分で、燃料となるガスをどの様に補給しながら使うのかがポイントです。

ガスの使い方としては、

  • 予備のガス栓を使うタイプ
  • カセットガスを使うタイプ

の2通りになります。

「予備のガス栓」を使うガスストーブは「ガス栓からガスを使う」ので、壁に埋め込みタイプのガス栓か、露出タイプのガス栓が無いと使えないので、ガス栓が無くどうしても使いたい場合は、ガス栓を増やす工事が必要となります。

また、必ず住まいで使っているガスに対応していて、対応したガスコードを使わなくてはいけませんが、

「カセットガス」を使うガスストーブは「カセットコンロに使うガスを使える」ので気軽に使えるのがメリットですが、あたためる能力は落ちてしまうのでコンパクトに使えるガスストーブの印象ですね。

部屋全体をしっかり暖めるならガス栓を使用したガスストーブ、配線など気にせずコンパクトに使いたい場合はカセットガスのガスストーブと言ったところでしょうか。

石油ストーブと違いガスを使うので燃料補給の手間もなく、石油ストーブの様な熱の広がり方を選べるので、ガスを使える住まいであれば効率よく使えるストーブになります。

ちなみに石油ストーブの様に天板にやかんなどを置いて使用出来ないのでご注意を。

「燃料と電気」を使ってあたためる暖房器具

リビングのファンヒーター

石油ファンヒーター

【代表的なメーカー】

  • コロナ
  • ダイニチ

【暖める範囲】

  • 部屋全体

灯油を使って暖める代表的な暖房器具の一つですね。

石油ファンヒーターは、灯油をタンクに入れて電気を使用するので、灯油の給油とコンセントが必要となります。石油ファンヒーターで共通するポイントになるのは灯油です。

  1. 灯油タンクの容量
  2. 灯油の残量が分かる表示
  3. 灯油の消費量
  4. 給油がラクチンか

など、灯油に関係する事はどんな石油ファンヒーターでもポイントになるでしょう。

タンク容量が大きければ給油回数が少なく済み、残量が分かれば事前に給油しておくことも出来ますし、灯油の消費量が少なければ低燃費でエコにも繋がります。

ベストなのは、タンク容量が大きく残量が一目でわかり、消費量が少ない低燃費の石油ファンヒーターですね。

グレードによって人感センサーや消臭性能など色々な機能があるので、色々チェックしましょう。

ガスファンヒーター

【代表的なメーカー】

  • リンナイ

【暖める範囲】

  • 部屋全体

ガスファンヒーターは、スイッチを入れてすぐ暖まる速暖に優れています。朝すぐに暖める事が出来ると言われていますが、電気を使用するだけでなくガスを使用するので制限が出てきます。

ガスファンヒーターのポイントはまずは予備のガス栓があるかどうかで、壁に埋め込みタイプのガス栓があるか、露出タイプのガス栓があるかが最低ラインとなり、ガス栓が無い場合は、ガス栓を増やす工事が必要となります。

ガスファンヒーターの選ぶポイントは、

  1. 必ず対応ガスの種類をチェック
  2. 対応したガスコードを選ぶ
  3. 安全面の機能を重視

となります。使っているガスに対応したガスファンヒーターを選び、ガスを通すコードは対応している事は最低限のチェックポイントです。

そして、ガスファンヒーターは安全性に関係する機能が豊富なので、しっかりチェックしたいところです。

コンセントに差せば使えるという気軽さはなく、ガスを使うという制限がありますが、ガス屋さんでレンタルしている場合もあるので、いきなり購入しないで1シーズンレンタルしてみるのも手かと思います。

制限がありますが速暖に優れていて、暖房器具として評価の高いのは魅力的です。

「電気」を使ってあたためる暖房器具

こたつ

こたつ

【代表的なメーカー】

  • 山善(YAMAZEN)

【暖める範囲】

  • スポット

床暮らしの日本人には馴染のあるこたつは、好きな方が多い暖房器具の一つではないでしょうか。

今では足の長いハイタイプ、テーブルデザインの種類、そして形も正方形や長方形と言ったデザイン性でも色々選べるのがこたつですよね。

こたつは、大きさだけでなくデザインやヒーターによっても価格差があり、2人暮らしでしっかり使うのであれば価格だけで選ばないで欲しい暖房付きの家具でもあるんです。

こたつの選び方のポイントは、

  • テーブルの形
  • 全体的なサイズ
  • ヒーターの種類
  • スイッチ
  • 足の構造
  • 掛け布団

など非常に多くのポイントがあります。詳しくは下記の記事も参考にして下さいませ。

https://2rooms.info/kotatsu-choose/

こたつは、床暮らしの方でヒーターなどの温風による熱が苦手な方にオススメの暖房器具です。節電にも繋がるので買い替えのタイミングであればじっくり選んで見てくださいね。

パネルヒーター

【代表的なメーカー】

  • 山善(YAMAZEN)

【暖める範囲】

  • スポット
  • 狭い部屋

パネルヒーターは薄い板の様な形をした薄型のヒーターで、厚みが薄いのでオフシーズンでも収納しやすい暖房器具の一つですね。

特別目立った選び方は無いように感じますが、幅広い場所で使いやすいのがポイントです。

オイルヒーターよりも速く熱が出るので、コンパクトなパネルヒーターは、脱衣所や洗面所、そしてトイレなどで使いやすく、大型のパネルヒーターでは、エアコンと併用して温度をキープするために使われたりもします。

遠赤外線で暖めるタイプも多いので、燃料を燃やして火を使用した熱より好みの方も多いかと思います。

ただし、広い場所でメインで使用するとなると暖める能力としては物足りないでしょう。

オイルヒーター

【代表的なメーカー】

  • 山善(YAMAZEN)

【暖める範囲】

  • 部屋全体

オイルヒーターは、パネルに入っているオイルを温めて、熱くなったオイルから出る熱をりようする独特な形をした暖房器具です。

オイルヒーターで知っておくべきなのがデメリットです。デメリットとしては、オイル漏れの心配や、暖かくなるまで時間がかかる、消費電力が高いと言った事が上げられます。

その為、デメリット解消につながる選び方がポイントになります。オイルヒーターの選び方としては、

  1. フィンの数
  2. 24時間タイマー
  3. 温度調整機能

この3つはチェックしておきたいですね。

フィンの数は、放熱する羽の様な存在で数が多い程、熱が広がりやすく速暖につながると言われています。

そして暖かくなるまでに時間がかかるのを防ぐために、24時間タイマーで更に温度調整機能がついていれば、6:00にスイッチが入り20度に設定すると言った事も出来ます。

という事は、朝起きる前や帰宅前に少しずつ暖めておく事も出来ますので、オイルが暖まる時間分はタイマーで補う事が出来ます。

重量がありちょっと使い勝手にコツがあるオイルヒーターですが、電源を切った後でもオイルの余熱で暖かさが続くのが他の暖房器具にはない特徴ですね。

セラミックヒーター

【代表的なメーカー】

  • 1

【暖める範囲】

  • スポット
  • 狭い部屋

セラミックヒーターはセラミックファンヒーターとも呼ばれ、暖められた温風が出てくる暖房器具です。

速暖性に優れており安全性も高いのですが、たびたび問題に上がるのが電気代の高さになるんです。1,200W使用しても狭い部屋向けとも言われているので、メインで使用するには暖房としても物足りなく電気代が高いてしまうんですね。

その為、セラミックヒーターを有効に使う場面としては、トイレや脱衣所など狭い場所で速暖性が欲しく、安全性を求めたい様な場所だと使いやすい暖房器具と言えますね。

電気ストーブ系統

【代表的なメーカー】

  • コロナ
  • 山善(YAMAZEN)
  • アイリスオーヤマ

【暖める範囲】

  • スポット

電気ストーブにはいろいろな種類がありますが、基本的にはシンプルな造りで、ワット数で暖かさを切り替えるスイッチが付いており、スイッチONでオレンジ色に染まる熱源が特徴です。

コンパクトな電気ストーブが多いので、暖房器具が置きにくい脱衣所や洗面所でも使いやすいですが、プラスチック製品に近すぎると変形する可能性があるので注意が必要です。

電気ストーブだけで部屋全体を暖めるのは不十分ですが、種類によっては価格が安く、少しの時間付けたり、軽いので持ち運びやすいスポット的な暖房器具として活躍するでしょう。

電気ストーブの種類

電気ストーブの種類は、同じ消費電力だとしても熱源の違いによる暖かさの違いや、スイッチONにしてから暖かくなるまでの時間の違いがあります。暖かい順としては、

  1. シーズヒーター
  2. グラファイトヒーター
  3. カーボンヒーター
  4. ハロゲンヒーター
  5. ニクロム線電気ストーブ

の順となります。この中でもシーズヒーターに関しては他の電気ストーブとは違い、温まるまで時間がかかるので、速さを求めている方には、グラファイトヒーターやカーボンヒーターの方が良いでしょう。

どれを選ぶかと言う問題は、

  1. 暖まる速さ
  2. 暖められる範囲
  3. 消費電力

はチェックしたいポイントです。どれもスポット的に暖める暖房器具になるので、使う場所を事前に決めておけばサイズなど選びやすいですね。

補助的な暖房器具になりますが、電気ストーブに求められる速暖性と機能面を考えると、カーボンヒーターとグラファイトヒーターが種類が豊富で、選択肢として挙がりますね。

「どこをどう暖めるか」もポイントに

部屋全体を温める エアコンは部屋全体を暖める暖房器具ですが、他の暖房器具も種類が多いですが、どんな場所を暖めるかが決まっていれば、種類も絞れます。

例えば、10畳のリビングと2畳のキッチンを暖めるのでは、必要な暖房器具が変わってきますよね。

10畳のリビングでは、ストーブやファンヒーターなど広く暖められるパワーが欲しいですし、2畳のキッチンでは足元だけ暖まればよいので、電気ストーブでOKとなります。

問題点を減らしてより快適に

  • 運転音は静かなほうが良い
  • 空気を汚したくない
  • 空気を乾燥させたくない
  • 灯油が燃えるニオイが苦手
  • 電気代を抑えたい
  • 火事にならない様な安全性が欲しい
  • 停電や緊急時でも使えるほうが良い
  • 持ち運び、移動できる重さが良い

などの問題点は機能面にも繋がるこだわりたい事でもあるので、2人で意見を出し合ってみると、より使いやすい暖房器具選びになるかと思います。

どうしても「暖かさ」に注目が集まりがちですが、寒い期間毎日使うモノなので出来る限りイヤだなぁと思う部分は減らして選びましょうね!

まとめ

私たちにピッタリだ!と思った暖房器具はありましたか?

私自身も空気が汚れるのが苦手な人なのですが、見ているあなたやパートナーの方と相談しながら、暖かさに加えて使いやすい暖房器具を選んでくださいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.