肩から首にかけての負担を軽くするハイバックソファの特徴とは

ハイバックソファに寝るスコティッシュフォールド

ハイバックソファは、背もたれに身体全体で背もたれによりかかる事が出来る背もたれ部分が高いソファです。

その特徴から頭から首周りにかけて負担を減らすことのできる根強いソファの一つですよね。

ハイバックソファは、背もたれが高いので見た目のデザイン性よりも機能面で優れているソファで、使う人によっては他のソファと比べても更に快適なソファになるんです。

今回は、ハイバックソファの特徴とどんな場面で使いやすいのか選び方を紹介します。

スポンサーリンク

ハイバックソファの特徴

ハイバックソファの最大の特徴は、何といっても背もたれの高さが高い事です。

スタンダードなソファは、背もたれ部分は肩甲骨あたりまでの高さかと思います。

対して背もたれが高いハイバックソファの中には、首だけでなく頭までよりかかる事が出来る高いタイプもあるんです。

ハイバックソファの種類

ハイバックソファは、単純に言ってしまうと一般的なソファよりも背もたれが高いソファが、ハイバックソファになっています。

ですので、他の種類のソファの特徴と組み合わせたハイバックソファもあります。

例えば、

  • ハイバックのカウチソファ
  • ヘッドレストがある2人掛けソファ
  • ハイバックのリクライニングソファ

など色々な組み合わせがあります。

ハイバックソファと言うだけでなく、いかに寄りかかれるかも注目ポイントになってきます。

スポンサーリンク

ハイバックソファ選びのポイント

背もたれの高さ

ハイバックソファの背もたれは、頭や首まで高さが無ければダメという事ではないです。

頭や首までよりかかれるハイバックソファを探す場合は、背もたれの高さがちょっと低くてもヘッドレストがあれば頭まで持たれることが出来るんですね。

中には背もたれだけ高いタイプよりも、ヘッドレストがあったほうが見た目のバランスが良かったりもします。

また、首までの高さが理想な場合は、頭を支える部分が要らないのでヘッドレスト無しの方が、首にフィットしやすくなりますね。

背もたれの形と座り心地

背もたれの高さは、首から頭までの高さが欲しいですよね。

ですが、2人で一緒に座る場合は、頭の位置が変わるので背もたれの角度には注意が必要です。

背もたれ部分が湾曲していると、背の低い方はくの字に座るようになってしまうのであまりくつろげないソファになるかもしれないんです。

ですので、ヘッドレスト付きのハイバックソファで高さを調整したり、クッションを腰の部分に置いて座り心地を改善したりするようにしましょう。

似ている形が多いですが、身長差がある2人で座る場合は、姿勢が崩れにくい背もたれに注目ですね。

こんな場面で使いやすい

ハイバックソファは、長時間の映画を見る時や、テレビドラマを見る時、など首を休めつつ長く座る場合に最適なソファと言えます。

さらに座面の広いソファとの組み合わせなら、ソファの上で体勢を変えながら過ごせます。

例えば、カウチタイプのハイバックソファなら、座る時は首や頭まで背もたれによりかかる、疲れてきたら横になってくつろぐなんて事もできます。

まとめ

ハイバックソファは、首や頭が疲れやすい人が背もたれの高さを目的に選ぶ事もあります。

部屋の圧迫感については、ローソファの方が圧迫感はありませんが、肩こりや首が弱い方でもおすすめ出来るソファなんですね。

首まで背もたれの高さがあるだけで疲れにくくなります。

よりかかる方がラクな方は、背もたれの高いハイバックソファをチェックしてみて下さいね。

ソファ
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's