やっちまった!今まで衝動買いして失敗した家具ワースト3

困った顔の男性

家具を買う時に「これいいなぁ」とおもったり「安い!」と言って衝動買いした経験ありませんか?

私も今まで買った家具の中で、必要なかったなぁとか失敗してしまった経験が結構あります(苦笑)

そこで今回は、考えずに衝動買いして失敗した家具ワースト3を紹介します。

スポンサーリンク

衝動買いをする原因

  • 安かった
  • 可愛かった
  • かっこよかった

と言った事が挙げられますね。

特にセールなどの安い家具は魅力的ではありますが、安さにひかれてしまうと使い勝手が悪かったりする事もあります。

雑貨類ならまだインテリアにもなりますが、家具類は大きいのでインテリアとしての見た目も損なう事にもなったりして、ちょっとしたストレスにもなったりします。

失敗した家具ワースト3

3位 角が鋭いローテーブル

床に座って作業をする為に買ったローテーブルで、大きさも良く非常に丈夫でよかったのですが、角が鋭利過ぎてぶつかると痛いと言う欠点がありました。

広めなので作業がしやすいのですが、床に座っている分、立ち上がる時に足をぶつける事も多くあります。

これがまぁ痛い!!

角が鋭いローテーブルを買ってしまった原因は、作業スペースを広くしたいだけに注目しすぎた事です。

ローテーブルの角を面取りをしているか見ていなかったので、盲点でした。

使い勝手は良いけど安全面を考えると失敗だった家具になりますね。

2位 高さ調整しにくいパイプラック

パイプラックは、昔テレビ台、音楽を聴くコンポを置いていたのですが、これが使い勝手が悪かったんです。

使い勝手の悪さは、高さ調整する方法が面倒な点ですね。

パイプラックに多く採用されていると思うのですが、キャップをずらして棚を上から下へはめて高さを調整します。

ここまではよいのですが、新しいテレビを置く為に高さを変えたい時に、キャップにしっかりはまりすぎて棚が外れないんです。

しかも、棚を持ち上げながらキャップをずらして高さ調整をしなくてはいけないんです。

それ以来、組み立てる時に調整したのと、その後は一度だけ高さを変えて面倒だったので高さは変えなくなりました。

配線があるテレビなどの家電を片付けてラックの高さを変える作りなので、便利に見えても使い勝手が悪い家具の一つだと思っています。

丈夫さは申し分ないんですけどね。

1位 シリーズを無視して買った収納ケース

栄えあるワースト一位は、シリーズを無視して買った収納ケースです!

重ねる前提なのに、なぜかシリーズを無視して買ってしまったんですよね。上手く重ならない上に、収納ケースの色もバラバラ。

あったら便利そうだな、収納ケースならあっても困らないかなと言った理由で買ってしまったので、収納ケースは今でも買う時に悩む家具の一つだったりします。

今では、収納ケースは物入れになりがちなので、私の場合は、容量の少な目の衣類収納ケースでフィッツの様な種類が豊富なシリーズ物がベストだと思っています。

結果を見れば私が悪いのですが、結構大きいので処分にも困る失敗した家具ワースト1位になります。

関連 重ねる収納はサヨナラ!!劇的に使いやすい収納ボックスの特徴とは

それぞれの失敗した原因とポイント

  • 立ち上がる場所に角が鋭利なテーブル
  • 高さを変えるのに手間のかかるラック
  • 大きさの違う収納ケース

となります。

収納ケースについては、同じシリーズで揃える事が長く使えますし、収納ケース自体もスッキリ収納できますね。

値段に気を取られると盲点な部分だったりするので、みなさんのヒントになれば幸いです。

まとめ

家具は安売りをしているだけで魅力的だったりします。

値段も大切になりますが、「使い勝手」は長い目で見ると非常に重要なポイントになります。

ぜひ、安物買いの銭失いになる衝動買いではなく、計画を持って家具を購入してくださいね!

暮らし
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's