箱と袋が原因だった!?生活感を無くすキッチン収納アイディア

キッチンで悩む女性

キッチンと言う場所は、家の中でも特に生活感の出やすい場所だったりします。

食べ物、飲み物、調味料、粉物、洗剤など細かいモノが多く集まっているからですね。

キッチンはどうしても生活感が出やすいものの、工夫して収納すれば生活感を無くしながら、見せる収納に出来たりするんです。

今回は、キッチンをテーマに、パッと見た時の生活感を無くして見せる収納にするアイディアを紹介します。

スポンサーリンク

生活感が出てしまう原因は「パッケージ」

キッチン全体を見て生活感が出てしまう大きな原因は、箱や袋のパッケージです。

キッチンには、塩コショウ、ふりかけ、ゴマ、ラップ、ホイルなど、たくさんの常備品がありますよね。

これらは、可愛らしいデザインではなく、ジッパー付きやゴミの分別など機能的に作られている事が多いです。

ですので、買ってきたままにしないで、袋や箱のパッケージをどうにかしてあげるだけでも、見せる収納に変わったりするんですね。

正直、パッケージが気になるなら全て隠してしまえばよいのですが、使い勝手が非常に悪くなっちゃうんですよね。

それでは、生活感を無くす見せる収納を見ていきましょう。

生活感を無くすキッチン収納アイディア

調味料入れに入れる

まずはシンプルにパッケージを捨てたりして見せない方法ですね。

塩、コショウ、唐辛子、出汁の素、茶葉などを、市販の容器のまま使うのではなく、調味料入れに入れ替えるだけです。

調理用や食卓用に専用の調味料入れを使って、残った調味料は見えない場所に収納しておきます。

調味料入れは、結構オシャレなものが多くデザインを揃えて選べますし、醤油などは最低限出しておくことで酸化を防ぐ事も出来ます。

調味料入れさえあれば、詰め替え用のお得なタイプを買って入れ替える事が出来るので、実はお財布にも優しくなったりします♪

関連 パッと見てサッと使える「使いやすい調味料入れ」の特徴と選び方

密閉できる容器に入れる

乾燥しているモノで置き場所が広ければ密閉できる容器に入れると、統一感が出て見た目にも可愛らしくすっきりします。

乾燥しているモノの一例として、

  • お茶
  • 紅茶
  • コーヒーの粉
  • 角砂糖
  • ゴマ
  • ふりかけ

など、料理に直接使わないけど、毎朝飲む、ごはんの時にふりかける乾物が良いですね。

ビンが透明なら中身が見えますし、中身は生活感があるのに、ビンに入れるだけで生活感がぐっと減る便利な収納方法ですね。

この時、一緒に入っていたシリカゲルなどは一緒に入れておきましょう。

専用の入れ物に入れる

消耗品の中で良く使うのはラップですよね。

ラップは箱を捨てる訳にもいかないですが、どうしても生活感が出てしまいますよね。

そんな箱が捨てられない消耗品は、専用のケースに入れ替えることで見た目がぐっと良くなります

使っていくうちに箱がフニャフニャにならないので、安定して最後まで使えます。

ジップ付きの袋に入れる

密閉できる容器でなくても、使いかけで乾燥しているモノであれば、袋から取り出して中身が見えるジップロックなどに入れればスッキリします。

いくつか例を出すと、

  • お茶
  • 紅茶
  • ゴマ
  • ふりかけ

ただ袋に入れておくよりも、ジッパー付きなら空気を抜いて入れられるので、湿気防止や香りが飛ぶのを防げます

この時、一緒に入っていたシリカゲルなどは一緒に入れておきましょう。

ひとつ注意点は、中身が良く分からなくなる乾物については、ラベルなどを貼って管理すると良いでしょう。

ジッパー付きの袋はカゴで立てて管理

乾物などをジッパー付き袋に入れたらカゴなどに立てるとキレイに収納できます

ジップロックなどジッパー付きの袋はしっかりした袋なので、立てて保存しやすいんですよね。

中身が下の方に寄っていると思うので、立てるは半分に折って横向きで立てればジップ部分がプラプラしないと思います。

もし、種類が多い場合は、箱も種類を用意して置いて、ふりかけ用、ティーバッグ用、ゴマ用などと分けておくと、普段キッチンに立たないパートナーの人でもパッと見ても分かりやすいですね。

スポンサーリンク

こんなモノは入れ替えせずに収納

酸化を防ぐ容器に入っている

オリーブオイル、胡麻油、醤油など、瓶が濃い色の場合は、外からの光を防ぐ目的がある可能性があります。

となると、入れ替えてしまうと風味が落ちる可能性もあるので、あまりオススメできません。

もし入れ替えるなら、食卓用として使い切れる量を入れ替えると良いでしょう。

説明書きが必要なモノ

レトルト食品などの、お湯との割合や時間が書いてある場合は、パッケージを捨ててしまうと分からなくなってしまいます。

なので、レトルト食品や割合などが書かれている箱は捨てないで、見えない場所にまとめて収納しておくのが良いでしょう。

まとめ

色々な規格やメーカーのコンセプトもあるかと思うので、市販の調味料や消耗品のままでは、なかなかオシャレで可愛いとはいきません。

もしキッチンでゴチャゴチャした棚がある場合は、箱や袋などのパッケージが捨てられるかどうかで、中身を入れ替えてみると、スッキリ生活感を減らすことが出来ますよ♪

キッチン
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's