キッチンシンクの嫌な「臭い・汚れ・雑菌」を減らす4つのステップ

キレイなキッチン

キッチンの中で汚れや臭いが気になる場所の一つにシンクがあります。

シンク内の中でも、排水口回りやトラップは、見たくも触りたくもないような汚れやすい場所ですよね。

そんなキッチンシンクは、今まで何となく使っていたモノ、備え付けのモノの使い方を変えるだけでも、汚れと臭いの元を減らし、雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。

今回は、シンク内を清潔に気持ちよく使えるようにする為に、イヤな臭い、汚れ、雑菌を減らす方法を4つのステップに分けて紹介します。

スポンサーリンク

キッチンシンクの汚れや臭いの原因

kitchenのロゴ

キッチンのシンク内は、スポンジでこすって洗いやすいですよね。

問題になってくるのは、シンク内にある物や設備がポイントになってきます。

シンク内にある臭いの原因になるのが、三角コーナー、排水口トラップ、ゴミ受けかごと言った、生ゴミを受け取る場所や水に濡れている場所が汚れ、臭い、雑菌のたまり場になりやすいんです。

例えば、ゴミを受ける三角コーナーを無くすだけでも、ゴミが貯まる場所が一つ減るので臭いの原因を減らすことが出来ます。

基本的にはシンク内で使っている汚れやすいモノを無くせばOKですが、、使い勝手が良くて使っている場合もありますよね。

ですので、今回は無くすだけでなく、使い方を変えたり、違うモノに代用して使う方法で紹介します。

キッチンシンクを清潔にする4つのステップ

ステップ① 三角コーナーを無くす

三角コーナーは、玉ねぎの皮や野菜の端切れなど、ちょっとした生ものを捨てる生ゴミ入ですね。

シンク内で生ものを捨てる場所なので、野菜くずがいつも濡れている湿っている状態になり、放置してしまうと、雑菌がたまったり、臭いの原因になります。

シンク内のゴミ箱になってしまう三角コーナーは無くすのが理想です。

ですが、三角コーナーを使ったほうが便利と言う場合は、使うなら毎日生ごみを捨てる、毎日洗って乾かしたり、アルコールスプレーをかけておきましょう。

もし野菜くずを捨てて水切り代わりにするのであれば、小さいザルでも良いですし、毎日捨てられる三角コーナー代わりのキッチングッズを使うほうが清潔なシンクになります。

ステップ② 排水口の蓋を無くす

排水口に、プラスチック製素材の半分口の開いた蓋や、黒いゴムの蓋がついていませんか?

何がいけないか、それは、ゴミを隠して中が見えないのが最大のデメリットになっています。

中が見えないようになるので、汚れているか分からない、汚れているのを見たくない、開けたくないとなってしまうんです。

また、ミニトマトを洗ったらコロコロ、ストンッと落ちたりするのもストレスになる原因です。

洗って食べるのも嫌だし、捨てるのももったいないみたいな悲しい気分になりますよね。

なので、落ちた生ゴミを排水口の蓋で隠しておくのではなく、排水口の蓋を無くして見えるようにし、落ちた生ゴミは落ちた時にサッと捨てられる様にしておきます。

シンクの構造によっては、モノが落ちないような蓋もあると思いますので無理に無くさなくても良いですが、オレンジがスッポリ落ちて入ってしまうような黒いゴムの蓋は無くしたい蓋です。

ですが、蓋をするという事は隠すという事を頭に入れておいてくださいね。

排水口の蓋を外した後は、落ちたゴミを捨てやすくする為に、中のゴミ受けやネットを工夫していきます。

ステップ③ 水切りネットは使わない

排水溝の中のゴミ受けに水切りネットを使っていませんか?

水切りネットは、粉関係に非常に弱く、うどんのゆで汁、冷やし中華の麺を水で締めるなどをすると、ネットが目詰まりしやすくなります。

目詰まりした水切りネットによって、水の流れが悪くなり水が流れず詰まってしまうと汚れている排水溝の水があふれかえるので非常に汚いです!

また、水切りネットを使うと「水切りネットが一杯になるまでゴミを入れないと勿体ない」と思ってしまう事もあります。

生ゴミが溜まったまま何日も放置しておくと、臭いを放ってカビの原因になったりもします。

水切りネットは毎日交換しないのであれば使わないようにしましょう。

ステップ④ 深いゴミ受けを浅いゴミ受けに変える

最後に今まで水切りネットを使っていたゴミ受けは深くないですか?

ゴミ受けが深いと、ゴミが一杯入るので放置しがちですし、掃除するのも嫌になります。

そこで、今まで使っていたゴミ受けは使わない様にして、金属製の小さいザルの様なゴミ受けに変えます。

ゴミ受けが浅いと、入るゴミの量が少ないので自然と捨てるようになり、こまめに捨てられるので生ゴミを放置しなくな、汚れや雑菌の繁殖を抑える事に繋がります。

ステンレスは丈夫で軽く掃除しやすいですし、銅などの金属は金属イオンが発生して排水溝内の雑菌の繁殖を防いでくれる役割もあるんです。

深いゴミ受けで一杯になったら捨てるのではなく、小さいゴミ受けでこまめに捨てましょう。

食器を洗う時に毎日洗って乾したりアルコールスプレーしておけば雑菌の繁殖を防げますので、より衛生的です。

ゴミ受けは細かいゴミを拾ってくれる様にサイズ選びが大切です。交換する場合は、なるべくピッタリサイズのゴミ受けを選べるように、蓋がはまっていた場所の直径をしっかり図ってからサイズや種類を選んでくださいね。

まとめ

キッチンはシンクに限らず、備え付けの設備が使いやすいとは限らないんですよね。

オーダーで選ぶならベストなキッチンシンクも選べますが、賃貸ではそうもいきません。

今回のシンク内の物を無くしたり変えたりすると、手間や買い物を減らすことができるので節約にもなります。

キレイ好きな方こそ、シンク内に生ごみを残さず生ゴミ箱は一ヶ所にして、嫌な臭いや汚れを防いでみて下さいね。

キッチン
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's