収納 キッチン

3つ意識して収納するだけ!より使いやすくなるキッチン収納術

投稿日:

モダンなキッチン

キッチン収納は色々な方法が紹介されていますよね。

キッチンを整理して収納する方法、小分けする収納ケースの利用など、色々なキッチン収納方法があります。

ですが、キッチン収納はスムーズに料理や洗い物が出来るように「いかに使いやすくなるか」が一番ではないでしょうか。

今回は、3つ意識して収納すれば、キッチンが使いやすくする収納術を紹介します。

スポンサーリンク

キッチンに収納するモノ

スマイルマークの木べら

キッチンに収納するモノを見てみると、全体的に見ても使う頻度が高いキッチン用品、たまーにしか使わないキッチン用品が集まっています。

サランラップやキッチンペーパーと言った日常的に使う消耗品から、フライパンや小鍋などの用具などが色々なキッチン用品が集まっていますよね。

そんな用途の違うキッチン用品は色々ありますが、どのように収納すれば良いのか、それは使用頻度を見て収納場所を決めていきます。

この使用頻度と言うのが、使いやすいキッチン収納のポイントになってきます。

出来れば全部出して整理しよう

キッチンの道具は結構消耗品が多く、買い替えもあったりします。

なので、適当に収納していくと奥の方に使っていないものが押し込まれたり、消耗品をかぶって買ってしまっているなんて事にもなります。

なので、出来る限り収納しているキッチン用品をすべて取り出してから収納していくと、リセットされますし、どんな内容なのかも把握できるので、収納の場所も決めやすくなります。

使いやすいキッチン収納術

料理をする女性イメージ

まずは3種類にカテゴリ分けする

  1. 良く使うモノ・あまり使わないモノ
  2. 重いモノ・軽いモノ
  3. 触れたりぶつかると危険かどうか

と言った、使用頻度、キッチン用品の重さ、触れたりぶつかると危ないかの危険度で分けていきます。

キッチン用品を上の様なカテゴリ分けすると、吊り棚、引き出し、背面の収納などの収納場所を決められます。

使用頻度

使用頻度は、良く使うものは手の届く範囲に、あまり使わなものは奥や高いところに収納します。

例えば、良く使うようなお味噌汁を作る鍋や、炒める事に使うフライパンなど、ボウルや水切りなど、毎日のように良く使うキッチン用品は、すぐ取れる場所に出来れば重ねないで収納します。

大鍋で作るカレーや鍋物を作る事が多ければ、かさ張る大鍋でもコンロ下などに収納した方が使いやすくなります。

逆に、大鍋は冬ぐらいしか使わない場合は重ねてしまっても良いですし、大きいボウルはセットで買ったとしても別の場所に収納しても問題ないですね。

良く使うモノはすぐに取り出せる場所、あまり使わないのであれば、奥に収納してしまいましょう。

重さ

重さは、重いモノは下、軽いモノは上に収納します。

重さも使用頻度と同じで、取り出しやすさに繋がり、安全性も関係がありますね。

背の高い方で力があればどこに収納しても良いですが、背の低い女性で、吊り戸棚の高い場所に重いモノを収納してしまうと、脚立を利用しなくてはいけません。

重くてあまり使わないモノはそこまで多くはないと思いますが、例えばすり鉢の様に特殊なキッチン用品や、砥石などは、かさ張ると分かっていても足元の収納スペースに収納しましょう。

重い物を持ち上げたり、持ったまま踏み台などを乗り降りするのは結構危険なので、重さで収納場所を決めるのも十分アリです。

危険度

取り出す時に落としたりする事や、地震が起きた時に落下した時のことを考えて、キッチン用品を危険度で分けて収納します。

分かりやすい例えとしては、包丁は吊り戸棚に収納しないで扉の包丁入れに入れますよね。

刃物の他には土鍋、陶器、ガラス類は落下すると割れてしまう可能性があり危ないですので、吊り戸棚には収納しない方が良いでしょう。

収納場所の例として

キッチン収納場所イメージ図

  • ①吊り戸棚
  • ②壁面・吊り下げ
  • ③シンク下
  • ④作業台下
  • ⑤コンロ下

①吊り戸棚

サランラップ、スポンジ、キッチンペーパーなど買いだめ、ストックしている消耗品など普段は使わない軽いものを上段に収納する。

プラスチック製のザルや計量カップなど、使いたい時にサッと使える軽いモノを下段に収納する。

吊り戸棚は、落ちても割れない事、そして、ぶつかってもケガをしないモノがベストですね。

②壁面・吊り下げ

お玉、フライ返し、トング、ピーラー、蓋つきキッチンバサミなど毎日使うような、使用頻度の高いキッチン用品を吊り下げ収納する。

みそ汁を毎日作ったり、茹でることが多ければ、小回りの利く小ぶりの雪平鍋をぶら下げると使い勝手が良いです。

磁石でもくっ付けられますが、個人的には包丁は危険性があるのでオススメしません。

③シンク下

洗剤やスポンジなど掃除用品はサラダ油や調味料のストストックしている消耗品は奥に収納する。

重いモノは下段に収納して、ストックしているモノ別に分けて見やすく収納すると、重ね買いも減るでしょう。

④作業台下

軽量スプーンや菜箸、粉末系の調味料などを上段の引き出しに収納する。

包丁入れには包丁を入れ、ボウル、バット、ザルなどは作業台の下段の開きの中に収納する。

⑤コンロ下

フライパンやお鍋などを収納。

良く使うフライパンなどはシリーズで揃っていたとしても、重ねないで収納したほうが使いやすいです。

あまり使わない大きいお鍋は重ねて奥に収納。

システムキッチンなどによってはお皿の収納場所や食洗器が付いている場合もありますので、毎日使うか、たまに使うのか、軽いのか、重いのか、ストックしているのかなどで判断してみて下さいね。

 

まとめ

キッチン用品は、便利なモノが多くありますが、限られた収納スペースにアレコレ詰め込むと非常に使いにくいだけでなく、危険が伴ったりします。

重いモノは下段、軽いモノは上段、良く使うものは手の届く範囲、たまーに使うモノは奥に収納するだけでも、大分使いやすくなると思います。

見た目だけでなく、色々な形で収納してみると使いやすいキッチンになっていきますよ♪

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.