布団 暮らし

日ごろの対策が重要!2人暮らしに合わせる「布団のダニ対策」7選

更新日:

押入れ

一緒に暮らしている奥さんや旦那さん、彼女や彼氏の方で、寝る時になると咳や鼻炎などになっていませんか?もしかしたらそれは、「布団に潜むダニによるアレルギー」かもしれません。

衣替えの為に押入れから出した掛け布団や、ダニ対策をしていなかった人は一度注目してほしい事でもあります。

スポンサーリンク

ダニの基本情報

ダニが住みやすい環境としては、20℃~30℃の気温と、60%~80%の湿度と言われています。まさに日本の高温多湿な環境に最適で、特に四月から秋ごろにかけて増え続けると言われています。

逆に言えば、ダニが住みにくい環境を作っていくことが対策になり、アレルギーの原因となるダニの死骸、フン、卵を除去する事で対策になっていきます。

ダニが住む場所としては、

  • 布団
  • マットレス
  • ソファ
  • カーペット
  • ラグマット

と言った、ファブリック製品を中心に、暮らしの中でダニが潜んでいる場所は多くあるんですよね。特に人の髪の毛やフケ、皮膚などダニの餌となる場所には多く生息しており、枕、敷布団は多くダニが居るとされています。

厄介なのは見えない事ですよね。色々なダニ退治の方法があるようですが、アレルギーの面をも考慮するとスプレータイプの化学薬品の使用はしないで、出来る限りダニを0に近づけるダニ対策に注目してみました。

対策① 天日干し

【主な対策】湿気を飛ばす

天日干しではダニを死滅させるほどの温度上昇が期待できないのですが、布団にこもった湿気を飛ばす事が出来、結果的にはダニが住みにくい環境が作れる対策となります。

晴れてるからだけの理由で干すのではなくちょっとしたタイミングがあります。

  • 湿度が低い時間帯に干す
  • 布団の裏と表を干す
  • 干してポカポカの状態で押入れに入れない
  • 叩かないで干した後に掃除機を掛ける

になります。湿気を飛ばしたいので、ただ晴れているだけでなく湿度の低い時間帯に干して、片面1時間~3時間程度が干す目安になります。

干す時間の長い順として、綿、化学繊維、羊毛、羽毛の順となります。2人暮らしの環境で干す時間は変わりますが、干しっぱなしは必要ないのと湿気を吸収させないためにも時間を決めて干した方が良いかと思います。

 

ちなみに湿気なのですが、10時から15時、12時から15時などいろいろ言われているのですが、私個人としては「布団を干したい日の、住んでいる地域で調べる」のが一番かなと思っています。

 

見やすく調べられるのはyahooの天気・災害ページで、パソコンの場合、

  1. 都道府県を選択
  2. お住まいの一番近い県内を選ぶ
  3. ピンポイント天気で市町村を選ぶ

で湿度の予想が見る事が出来ます。ちなみにスマホであれば、地域設定が出来るので一度設定すればパソコンよりも見やすいです。

アプリもありますが布団を干すためにアプリを入れるのはどうかな?と思う部分もあるので、お天気アプリは皆さまにお任せします!

参考 yahoo天気・災害 http://weather.yahoo.co.jp/weather/

対策② 夏場限定!車の中

【主な対策】湿気を飛ばす・ダニの死滅

夏場の車の中は温度が上がるのでダニ対策出来る!と見かけた方もいるかもしれませんが、実は条件があるので、どんな車でもOKとは行かなかったりします。

JAFの検証結果によると温度が最も上がるのは、

  • 黒色の車
  • ダッシュボード
  • 50℃以上になる目安は1時間~2時間

となっています。

平均温度では、ダニを死滅させられる50℃に達していない事が分かるので、ある程度条件を揃える必要がある事が分かります。

  1. 布団を黒色の袋に入れる
  2. ダッシュボードに近い場所に置く
  3. 太陽の光が当たる炎天下に車を置く

をすれば、より温度が上がりやすくなると思います。温度計でどの場所が温度が高いか調べても良いかもしれませんね。

デメリットは、数時間車がつかえなくなることと、日があたらない場合に50℃以上の温度上昇が期待できないので、屋根がついている駐車場だと効果が低いかもしれません。

ただ、布団全体を50℃以上にさせる事が出来、袋に入れればダニが逃げられない環境になるので、条件さえそろえば死滅させることが出来るので有効なダニ対策と言えるでしょう。

参考 JAFユーザーテスト 車内温度/夏

http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail2.htm

対策③ 布団乾燥機

【主な対策】湿気を飛ばす・ダニの死滅

布団乾燥機は結構長く愛されている商品ではないでしょうか。

布団乾燥機はその名の通り湿気を飛ばす役目なのですが、ダニ退治モードがある布団乾燥機があるので、より高温の風でダニを退治する事が出来ます。

基本は説明書通りに使用する事にはなるのですが、ポイントとして、

  • 布団の四隅、回りは温度が上がりにくい

事がダニ退治に置いてポイントになってきます。

 

温風が入る袋がある場合は、敷布団よりも袋の方が小さいので四隅や布団周りが温度が上がりにくいですが、敷布団のを折りたたんで布団乾燥機の袋を挟み、上から掛け布団で温度が逃げにくい状態にすると効果的とのことです。

最新の布団乾燥機でよく見かけるのは、ホースや温風が入る袋が無い物もあるので、四隅まできっちり50℃以上になるのは難しそうです。

ただし、通常の使い方ではなく、袋ありと同じように折りたたんで使用すれば、温度の上昇は期待できるかと思います。

 

袋があるタイプ、無いタイプ、どの布団乾燥機にも言えるのが、

  1. 部屋を暗くしてダニを活発にさせる
  2. 布団単体で乾燥させる
  3. 布団の両面に掛ける事

になります。

ダニは明るい場所では静かになるので、暗い部屋に置いてあれば布団乾燥機をセットしたら電気を消しておきましょう。

布団乾燥機のイメージ写真などでは、敷布団と掛け布団を一緒にかけていますが、ダニを退治する目的であれば、敷布団だけ、掛け布団だけ、と一つずつにしてより温度が上がりやすいように折りたたんで使用する方が良いでしょう。

袋付きの布団乾燥機2台を布団の下にセットして、もう2台を布団の上にセット、計4台の袋付き布団乾燥機をセットしてダニ対策モードにすれば完璧かもしれません(苦笑)

対策④ ホットカーペット

【主な対策】湿気を飛ばす・ダニの死滅

布団の上から布団乾燥機、下からホットカーペットと併用すれば、効果が高まりますね。

種類によっては、ダニ対策モードがあるホットカーペットもあるので、衣替えの季節や寒さ対策をする時に、あえてダニ対策モードがあるホットカーペットを選ぶのも選択肢の一つになります。

問題になるのは、ホットカーペットの大きさになると思うので、布団に合わせて購入するとなるとある程度大きいサイズでないと効果を発揮しずらいかと思います。

対策⑤ スチームアイロン

【主な対策】ダニの死滅

高温のスチームでダニを死滅させます。

手順としては、

  1. 布団の表示を確認
  2. 布団がある部屋を1時間ほど暗くして置く
  3. 当て布(タオルなど)をする
  4. 高温のスチームをゆっくり当てる

と言った手順ですが、布団一枚でも時間がかかる事が考えただけでもわかりますね。

ダニは夜行性との事なので、暗くしておくことで出来る限り布団の表面にダニをおびき出して、スチームで死滅させると言うわけです。

ただダニの好む湿気もプラスされてしまうのがデメリットになるので、スチームアイロンをかけてダニを死滅させたとしても、乾燥は必要になりますし、中心部に潜んでいるダニには効果が引く対策方法と言えるでしょう。

対策⑥ コインランドリー

【主な対策】湿気を飛ばす・ダニの死滅

大きな布団を洗濯できるコインランドリーは、乾かせない雨の日の乾燥機目的で行く奥様も多いのではないでしょうか。

業務用の洗濯機、業務用の乾燥機があり、家庭の洗濯機よりも時短でもあり、ダニ対策としても非常に有効なんです。コインランドリーでポイントなのは、

  • 高温になる乾燥機

ですね。家庭用の衣類乾燥機も販売はされていますが、どうしても性能差があります。コインランドリーでのダニ対策の手順としては、

  1. 乾燥機に入れて、20分以上の熱でダニを死滅させる
  2. 洗濯機に入れて丸洗い、布団の汚れとダニのフンや死骸を除去
  3. 乾燥機に入れて、布団の乾燥
  4. 家に帰ったら、掃除機で残ったフン・死骸を除去

になります。2人暮らしであれば、女性でも2人で布団を運べますし、彼氏や旦那さんの男性に頼る事が出来るので、ダニ対策の中ではもっとも手軽かもしれません。

乾燥機だけでもダニの対策としては十分効果があります。

ダニは60℃以上ですぐ死滅すると言われており、コインランドリーの乾燥機はガスが使用されることが多いので、家庭用に比べても高温になるので時間の節約にもなります。

 

1つだけ注意点としては、ダニ対策をしたい布団の乾燥と丸洗いできるか表示のチェックする事ですね。タンブル乾燥禁止がある場合は、回転式の熱で乾燥させる乾燥機で乾燥してしまうと、縮むみの原因や、風合いが損なわれたりする可能性があります。

新しく布団を購入する時は、ショップに「コインランドリーの乾燥機は使えますか?」と聞いてみるのが確実かもしれませんね。

対策⑦ 掃除機

【主な対策】ダニの死骸・フン・卵・エサを吸い取る

ここまで見て気づいた方も居るかと思いますが、ダニ対策において、布団をたたいては良くないので叩いてしまうフトンクリーナーは逆効果になるので必要ありません。

掃除機を新しく購入する時は、ダニ対策を考えると吸引力が高く、排気がキレイな掃除機が理想です。

今使っている掃除機の場合は、ノズルに布団が吸い付いて掃除しにくい事もあるので、ストッキングをかぶせるか、布団用のノズルも有効な手段になります。

 

掃除機をかける時の手順は、

  1. 窓を開けて換気をする
  2. 布団の表裏、ゆっくり掃除機掛けをする

この2点になります。

はザーッとノズルを動かしてしまいますが、布団の場合は、ゆっくりと時間をかけて掃除機掛けしてください。

 

掃除機掛けをするタイミングとしては、

  • 普段のダニ対策
  • 他のダニ対策をした時

になります。ダニ対策はいろいろありますが、毎日行うわけにもいきませんし、掃除機であれば普段の掃除と一緒にまとめて布団も掃除機掛けすれば、ダニの死骸やフンだけでなく、エサとなるフケや人の皮膚、食べかすなども吸い取れます。

おすすめのダニ対策

  1. コインランドリー
  2. 掃除機

この2点です。

コインランドリーは少々お金がかかりますが、ダニの死滅に対して確実性がありますし、乾燥も出来るので湿気対策にもなります。

コインランドリー後は掃除機で吸い取ってしまえば、ほぼ布団から居なくなりますよね。ダニ対策としては非常に理想的な方法だと思います。

まとめ

アレルギーを発症してしまう憎いダニに対しての対策方法はいろいろありますが、

  • 50℃以上の温度、20分以上で死滅させる
  • 死骸、フン、卵、エサとなる物の除去

が基本的な対策方法です。生きているダニがアレルギー原因ではなく、死骸、フンなどを吸い込むことでアレルギーの原因と言われているので、普段は掃除機をゆっくりかけて対策して、2人暮らしのライフスタイルに合わせて、出来る事から布団のダニ対策を行ってくださいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.