引っ越し

自分達で?一括見積もり?「引っ越し業者へ見積もり」をする方法とは

更新日:

引っ越しの見積りイメージ

2人暮らしに向けて引っ越しを予定している場合は、荷物がほとんどない場合や自分で引っ越しを完了させる場合、単身引っ越しを選ばない場合には、「見積もり」と言うのが付いてきます。

引っ越し業者を選んで、荷物の量や距離などに対して見積もりをして、納得した金額であれば最終的に引っ越しをお願いする事になります。

そんな引っ越し見積りなのですが、実は誰でも気軽に使える訳ではなく自分たちに合うサービスを選ぶ事がポイントなんです。

スポンサーリンク

引っ越しの見積もりの前に

引っ越し業者を決める為の見積もりは、「決める前の段階での見積もり」ではありますが、より正確な金額を出してもらう為に、電話やインターネットでの見積もりの時点でも重要なポイントが、

  • 正確な荷物の量
  • 今の住まいの建物の状況
  • 引っ越し先の建物の状況
  • 今の住まいの搬出経路
  • 引っ越し先の搬入経路

と言った事が正確な見積金額を出してもらうのに重要かと思います。

階層が高いがエレベーターが無いと時間がかかる事になりますし、道路が狭ければ大型のトラックの出入りが難しいなどもあります。

特に重要で間違えやすいのが「荷物の量」です。

見積もりをした時と荷物の量が多くなれば、追加料金がかかる事もありますので、大型の家具や家電だけでなく、段ボールの箱数まで、引っ越し業者に持って行ってる荷物はより正確に伝える事が大切になります。

荷物の量は訪問見積もり時でも正確に伝える事と言うのは変わらないので、見積もり前には荷物を処分するか持っていくかを決めておきましょう。

https://2rooms.info/moving-cost/

https://2rooms.info/disposal-use/

自分たちで引っ越し業者を選ぶ

① 一社選んで見積もりを行う

大手や地元密着の引っ越し業者から、自分たちで引っ越し業者を選びます。

  • 業者に親しい知り合い・友達がいる
  • 引っ越しを頼んだことがあり、非常に良かった

と言った場合には一社だけ選んで見積もりを行うとスムーズかと思います。

特に引っ越しの回数が多かったりする人は、同じ引っ越し業者を選ぶ事で、データが残っている事もあるのでスムーズな引っ越しが出来る事も考えられます。

一社を選ぶメリットは、やり取りの手間が一つで良いのですが、金額の比較をする事が出来ないので、引っ越し費用としては他の引っ越し業者よりも高くつくことも考えられます。

② 大手から数社選んで見積もりをする

もう一つ自分たちで引っ越し業者を探す時には、多くは見積もりしてもらうと非常に手間がかかるので、全国対応の大手業者から3社程度選んで見積もり・比較してもらうと言う手もあります。

  • アート引越センター
  • アリさんマークの引っ越し者
  • サカイ引越センター
  • 日本通運
  • ハート引っ越しセンター
  • ヤマトホームコンビニエンス

と言ったような中から、サービス内容やパックの内容で自分たちに合う中から、複数の見積もりを行います。

メリットは一社だけの見積もりよりも費用が安くなったり、引っ越し業者①と引っ越し業者②に依頼した場合、後に頼んだ業者が、前に頼んだ業者よりも提示される金額が安くなる事があります。

デメリットとしては、自分で見積もりを複数行うので手間がかかるのと、押しに弱い場合には電話見積もりの時点や、訪問見積もりの時に勢いで決めてしまうなんて事もあり得ます。

一括見積もり業者を利用する

①内容だけ伝える一括見積もり

一括見積もり業者で、引っ越し業者に内容を伝えて、連絡は直接依頼した私たちの下へ来ると言うシステムの一括見積業者があります。

  1. 一括見積もり業者のホームページで内容入力
  2. 一括見積もり業者が対応した引っ越し業者へ連絡
  3. 引っ越し業者が直接、依頼主へメールや電話で連絡

と言った流れです。

メリットは、一括の見積もりではなく、引っ越し業者を決める事で得られる特典かと思います。

ただし、サービス内容は「一括見積もり」ではなく、「入力内容を一括で請け負って各引っ越し業者に伝えるサービス」だと個人的に思いました。

一括見積もり業者が、複数の引っ越し業者へ依頼主の引っ越し内容を伝えるという事になるので、伝えた後は依頼主とのやりとりとなります。

知り合いの人の経験談としては、「引っ越しの一括見積もりあるじゃん。あれに頼んだら電話がバンバンかかってきて困ったよ」と言った話を聞いたことがあります。

調べるとネット上でもありますよね。となると、一括見積もりサービスを利用する人としては、

  • 何時でも電話OK
  • 費用を抑える為だったら電話はやむおえない
  • 多くの業者から見積もりをしたい
  • 特典での割引きを利用したい

と言った人には利用する価値があると思います。

10社一括見積もり出来るサービスの場合は、ほぼ10社から連絡が来ることとなります。仕事をしていない人でない限りいつかかってくるか分からない電話を待つことや取る事、そしてネット上の口コミを見てしまうと、当サイトでは、内容だけ伝える一括見積もりは、おすすめ出来ません。

2人暮らしになるのなら良いですが、2人暮らしで共働きとなると電話って時間帯によっては迷惑な部分もありますしね。

②仲介してくれる一括見積もり

①の内容だけ伝える一括見積もり業者とは違い、依頼主となる私たちと、引っ越し業者の間に仲介として入ってくれる、【引越しラクっとNAVI】 と言う業者があります。

簡単に流れを言いますと、

  1. ホームページで内容入力
  2. 見積もり業者と打ち合わせ
  3. 見積もり業者と引っ越し業者でやり取りを行う
  4. ホームページにて見積もり金額が表示、検討する
  5. 最終的に決定するか見送るかを決める

と言った流れです。

引っ越し業者を決めて、当日の打ち合わせや訪問見積もりなどを決める前までは、平均1~3回程度のやり取りを、一括見積もりのサポートセンターとのやり取りだけでOkなので、本当の一括見積もりサービスと言えますね。

詳しい内容を話す為に電話は必要となる場面がありますが、引っ越し業者の営業電話ではなく、サポートセンターとのやり取りで引っ越し業者決定まで行えるので、圧倒的にやり取りが少ないですし、断りの電話などをする必要もなくなります。

一括見積もりをするのであれば、引っ越しラクっとNAVIはオススメできるサービスとなっています。

公式 【引越しラクっとNAVI】

まとめ

引っ越し業者を決めるのは、自分だけで決める方法と、一括見積もりを利用する方法があります。

どちらもひと手間はかかりますが、複数の業者から見積もりを取る方が費用を抑えることにも繋がります。

特別詳しくなかったり、決め手がない場合は、自分たちだけでなんとかしようとしたり、無暗に一括見積もりをするのではなく、仲介してくれる一括見積もり業者の利用も視野に入れると、より費用を抑えた引っ越しに繋がります。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.