ソファ以外にも色々使いまわせる!マルチカバーとは

色々なカバー

ソファカバーを探している時に、マルチカバーというカバーを見かけた事がありませんか?

マルチカバーのmulti(マルチ)は多数、多様の意味があり、cover(カバー)は、覆ったり包んだりするという意味で、マルチカバーは、色々な物を覆ったり出来る物という事になります。

今回は、マルチカバーの特徴と選び方を紹介します。

スポンサーリンク

色々使いまわせるマルチカバー

  • ソファ
  • ベッド
  • タンス
  • テーブル
  • こたつカバー

など、マルチカバーの使い道としては、サイズの選び方次第で極端に言いますと「何にでも使える1枚の大きな布」になるんです。

ダイニングテーブルに使って、ベッドに使うと言った使いまわすのは良くないですが、極端に言うとサイズがしっかり合えば、モノを選ばないという強みがあります。

マルチカバーのポイント

取り外しが簡単

マルチカバーは、カバーリングソファのカバーよりも付けやすく外しやすいので、サイズさえ合わせれば非常に簡単に使えます。

カバーをかけたい部分に掛けるだけで取付けできますし、汚れても引っ張るだけで取り外せて洗濯ができます。

カバー類は、汚れ防止で付けることが多いので、洗濯しやすい事は大きなメリットになりますね。

大き目サイズでずれ落ちを防止

ソファの座面部分を覆える程度のマルチカバーになると、座っている間にずれ落ちてくる可能性が高いです。

ずれるのを出来る限り防止するためにも、ソファ全体をすっぽり覆える大きさが理想です。

よりピッタリサイズを選ぶのであれば、カバーリングソファを選んだ方が良くなります。

関連 確実にフィットするソファカバーを見つける、たった1つのポイント

マルチカバーのメリットとデメリット

マルチカバーのメリット
  • ソファだけでなく色々な場所で使用できる
  • 掛け布団の様に掛けるだけな為、取り外しもラクラク
  • サイズを選ぶ時もシビアではない
  • カラーやデザインの種類が非常に多い
マルチカバーのデメリット
  • ソファ専用でない為、ぴったりフィットしない
  • だぼっとしてしまうので、視覚的に大きく見える

などが挙げられます。

欠点は多くはありませんが、フィット感に関しては、マルチカバーなので掛け方も違いますし、純正のソファカバーに劣ります。

まとめ

ソファカバーとしても使用できますし、テーブルマットや、こたつの外カバーなど何にでも使用できます。使えなくなったマルチカバーなどは、ホコリよけにも使用出来ます。

ソファカバーよりもデザイン性が多く、さっと取り外せるので、洗濯がラクラクです。

少しルーズな見た目になりますが、メリットが多いのでソファカバーのひとつとしてもおすすめです。

ソファ
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's