収納

理想の収納スペースに♪ひと部屋丸ごとウォークインクローゼット計画

更新日:

ウォークインクローゼット

皆さんが住んでいる住まいに使っていない部屋はありますか?

空いている部屋や使っていない部屋は物置になりがちですが、ただの物置にしておくのは勿体ないです!

空き部屋を物を置く部屋にするのであれば、ひと部屋を大きなウォークインクローゼット収納にすれば、広々とした使い勝手の良い収納スペースになります。

今回は、使っていない部屋を丸ごとウォークインクローゼットにする為のヒントを紹介します。

スポンサーリンク

ウォークインクローゼットとは

間取りイメージ

ウォークインクローゼットとは、歩いて入る事が出来るクローゼットで、収納しやすく取り出しやすいという利点があります。

この、歩いて入れるウォークインクローゼットを、空いている使っていない1つの部屋で実現するんですね。

お部屋を丸ごとウォークインクローゼットにする事が出来れば、一般的なウォークインクローゼットよりもさらに広い収納スペースになります。

上手く利用すれば、お店のディスプレイの様に並べることができるので、畳んだり、整理したりする必要もほとんどなくなるんです。

工夫次第では「こうすれば使いやすい」と思い描きながら、理想的な収納スペースとして使う事が出来るんです。

詰め込むよりも使いやすい収納に

お部屋丸ごとウォークインクローゼットにして、広いからと言って、なんでも詰め込む様な収納はしたくないですよね。

せっかくの、使っていないお部屋をウォークインクローゼットにするんです。

ギチギチに詰め込んで奥の方が取れない収納よりも、歩いて入れると言う強みを活かしましょう。

出来る限り何もしないで収納出来る、欲しい物がパッと見てサッと取れる、そんな使いやすい収納がベストですね。

収納するモノの候補

収納するモノは色々ありますが、広さを活かせるようなモノを収納したいところです。

衣類やタオルなどの衣類や、食品や日用品の置き場所にしたパントリーなど、使う頻度が高く種類が多いモノを収納すると良いですね。

衣類は衣類と言った様に出来ればジャンルを絞って収納すると、統一感があってステキウォークインクローゼットになります。

お部屋の広さにもよりますが、収納に困っているモノで使う頻度が高いモノを優先的に収納したいですね。

ウォークインクローゼット収納のポイント

たくさんのハンガー

1列に収納する

1列に並べる収納は、当サイトでもところどころで取り上げましたが、収納を一列にするだけで収納しやすく使いやすくなります。

1列にするメリットは、収納しやすい、見て分かりやすい、手に取りやすい、在庫が分かりやすいなど色々なメリットがあります。

手前の物がジャマで奥のモノが見えないなんて事も無くなりますね。

収納ケースやチェストなどのボックスを使う場合は、奥行きの無いケースを選んで、収納しやすく取り出しやすい収納にしましょう。

違う種類は重ねない

1列に並べるだけでなく重ねない収納にするとより使い勝手が良くなります。

例えば、分かりやすいのがお皿の収納ですね。大きなお皿を下にして小さいお皿を重ねたり、どんどん積み重ねなんて経験ありませんか?

これがまぁ使いづらい!

よく使うモノになるほど積み重ねてしまうと使いずらくなっちゃいますので、1列に並べながら違う種類は重ねないようにしましょう。

例外として、衣類や寝具などを季節ごとに入れ替える方であれば、シーズン物などは重ねても良いと思います。

掛けられる衣類はハンガー掛けに

ハンガーにかけておく衣類と言えば、コートやワイシャツなど、ハンガーにかけた方がシワにならない衣類など色々ありますよね。

他にも、洗濯して干す時にハンガーを使う衣類もハンガー掛けに掛けちゃいましょう。

シャツをハンガーにかけて干したら、そのままハンガー掛けに掛けるだけで収納が終わるので、折りたたむと言うひと手間が減ります

大切な衣類は、針金のハンガーではなく衣類に優しいハンガーを使ってくださいね。

ボックスに収納しないで棚に置く

収納ボックスは、よく使うモノほど使いづらい収納になる事もあります。

ですので、インナーなど見られたくない物を除いて、出来る限り棚に置く収納にしましょう。

価格もリーズナブルなパイプラックや、オシャレにオープンシェルフを使っても良いです。

部屋の形に合わせて棚を作るのであれば、ディアウォールやラブリコでDIYの棚を作るとピッタリの棚が作れますね。

衣類、バッグ、小物、食器、など棚に置くだけでパッと見やすく手に取りやすいので、使いやすくなります。

ウォークインクローゼットにする為の家具

壁面収納棚

壁面収納棚は、ハンガー掛けとしては使えませんが、棚にモノを置く収納として使える家具です。

壁面設置の薄型の家具になるので、倒れないように耐震対策が必要な大型の家具です。

本格的な家具になるので賃貸よりも一軒家やマンションを購入した方向けの、本格的な収納家具になりますね。

床から天井まで収納スペースとして使える収納家具になります。

参考収納小町の壁面収納家具

クローゼットハンガー

クローゼットハンガーは、ハンガーにかけて置く衣類が多い方にオススメの家具です。

基本的に、壁面収納用の薄型タイプなので、ウォークインクローゼットにピッタリのハンガーラックがあります。

薄型で高さがあるクローゼットハンガーは、天井と床に突っ張るタイプが安定しやすいでしょう。

薄型で自然と1列収納ができるので、衣類を収納するウォークインクローゼットのお部屋に欲しい家具の一つです。

カーテン有り無し、突っ張り機能有り無しなどタイプが色々あるので、目的に合わせて色々チェックしてくださいね。

ハンガーラック

クローゼットハンガーは大きすぎて必要ない!という場合は、ハンガーラックがシンプルで良いと思います。

ハンガーラックを選ぶ時にチェックして欲しいのは、耐荷重です。

伸ばしたり縮めたりできるハンガーラックの場合は、耐荷重が低いとコートなどを複数かけるだけで下に下がってしまう事もあるようです。

ですので、どれくらいの重さまで対応しているか耐荷重をチェックして下さいね。

パーテーションで見せる収納に

収納力よりもオシャレさを選ぶ場合は、壁面に省スペースで設置できるパーテーションだと見せる収納にオシャレではないでしょうか。

突っ張りパーテーションタイプは、板の様に薄く設置できる壁面収納なので、スペースの節約にもなります。

収納力はないですが、見せる収納として一役買ってくれる家具です。

DIYでピッタリサイズの棚づくり

ディアウォールやラブリコを使って柱を作り、ハンガーブラケットや有孔ボードを取り付けて壁面収納にしても良いですね。

もちろんシンプルに棚を作る事も出来ます。

DIYの強みの一つは、部屋に合わせた家具や棚が作れる事なので、アイディア次第でどんどん使いやすい収納に出来ますね。

ディアウォールやラブリコなら、賃貸の部屋の壁を傷つけないで突っ張りタイプの柱が出来るので安定感もありますよ♪

関連 賃貸の味方!DIYパーツ「ディアウォールとラブリコ」の特徴まとめ

関連 ディアウォールと一緒に使いたい♪「柱に付けるDIYパーツ」7選

お部屋の注意点

洋服や革製品などの日焼けに注意

お部屋をウォークインクローゼットにすると、窓から差し込む日差しに注意しましょう。

理由は、日が当たると紫外線によって色々なものが日焼けしてしまう可能性があるからですね。

洋服、革製品、写真、パッケージなど色々なものが日焼けして変色してしまう可能性があります。

日が差し込む部屋をウォークインクローゼットにする場合は、遮光性の高いカーテンなどで日差しを遮ったり、使う頻度が少なければチェストに収納しておきましょう。

湿気対策はしっかりと

窓があるのでクローゼットや押入れよりも湿気対策はしやすいと思います。

湿気対策しやすい部屋だからこそ、湿気対策をしてカビない様にしていきましょう。

手軽なのは、除湿機を置いたり、除湿剤を置いて定期的に交換する、そして風通し良くして湿気を逃がすようにすると良いですね。

関連 除湿から部屋干しまで!住まいに最適な「除湿機」の選び方

収納する物のプライベートも大切にする

表に着るような衣類なら見られても良いかもしれませんが、下着、インナーに関しては見られてあくない場合も多いですよね。

また、コツコツ貯めて内緒で服を買っているなんて場合もあるかと思います。

そんな場合のために、プライベート空間として使える様な収納スペースにしましょう。

カーテン付きのハンガーラックや、中身が見えないチェスト、パーティションで壁を作るなど、プライベートな場所にしましょう。

2人が気持ちよく使える広々としたウォークインクローゼットにして下さいね。

まとめ

使っていないお部屋だけでなく、収納スペースが少なくても部屋数の多い物件を探せば、収納スペースが少なくても、部屋自体を収納スペースに出来ます。

もし使っていないお部屋が物置になっていたり、これから引っ越しされる方はひと部屋をウォークインクローゼットにして、理想的な収納スペースにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.