素材でほとんど決まっちゃう!?枕の選び方9つのポイント

更新日:

枕

枕はベッドのマットレスと同じく、快眠を得るための重要な寝具のひとつです。枕の選び方のポイントとしては主に、素材、大きさ、高さの3つになります。枕の選び方としてこの3つに注目して、9つのポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

枕の選び方の大きなポイントを占めている「素材」

枕の中の素材は、ただ素材としてではなく、素材の選び方で、

  • 硬い
  • 柔らかい
  • 通気性
  • メンテナンス性
  • 寿命

など大部分を占めると言ってもよいでしょう。枕の中素材についても参考にしてみてください。

ポイント① 枕の硬さ、柔らかさ

硬さは、マットレスの硬さを選ぶように、人それぞれ相性があり、寝心地も変わってきます。

  • 硬めが良い場合・・・そばの実、パイプ
  • 柔らかめが良い場合・・・ポリエステルなどの綿、羽根、羽毛
  • 包まれる柔らかさ・・・低反発、ビーズ

が主な硬さ分けになります。

https://2rooms.info/makura-material/

ポイント② 枕の高さ

立った時のS字の体勢が負荷のかからない骨の形なので、S字の体勢で寝られる枕の高さが首や肩に負荷が掛かりません。

  • がっちり体形、男性の方は、高めの枕
  • スリム、女性の方は、低めの枕

を選ぶ傾向があります。とはいえ、最終的には、今までの枕を使用していた経験や寝てみて寝心地の良い枕が決め手になってきます。

https://2rooms.info/pillow-height-adjustment/

ポイント③ 通気性の良さ

通気性が良いと、湿気に対してだけでなく、汗を吸湿、発散してくれます。通気性の良い素材は、そばの実、パイプ、羽根、羽毛の素材になります。また、熱のこもりずらいのも特徴です。

ポイント④ 香りについて

素材独特の香りを楽しみたい方は、そばの実になります。無臭な物は人工的素材で、ポリエステルやパイプ素材で、低反発は独特の香りがする場合があります。

ポイント⑤ 虫が付きやすい素材、付きにくい素材

どの枕でもほったらかしにすれば、ダニなどの害虫が付きますが、天然素材は虫が付きやすく、人工素材は虫が付きにくいと言われてす。

ポイント⑥ メンテナンス性について

メンテナンス性を見る部分として、

  • 水洗い可能か、不可か
  • 天日干しか、陰干しか

と言った日頃から手軽にメンテナンス出来る事がポイントです。メンテナンスについては、素材毎に異なりますが、実際の表記をチェックするのが間違いありません。

ポイント⑦ 枕のサイズについて

大きい枕が良いか、小さな枕が良いかは、基本は好みのサイズになります。基準となる主流の枕サイズは、43cm×63cmになります。また、枕の形が変わっていたりする、専用に作られている場合は、サイズは決まっています。

https://2rooms.info/pillow-size/

ポイント⑧ 枕の形について

  • スタンダードタイプ(長方形の一般的な枕)
  • ダブルサイズ(スタンダードタイプよりも長い)
  • くぼみがある(頭部分がくぼんでいる)
  • 波型(低反発の枕で多くみられる)
  • サポートタイプ(頭だけでなく、肩もサポート出来る)
  • 抱き枕(横向きに寝る時のサポート枕)

が主な枕の形としてあります。形に対してサイズが大きい物もあり、寝がえりをうちやすいダブルサイズを1人で使用する方も居ます。

ポイント⑨ 素材の音

  • 少し動くと音がして気になる人は音のしない素材
  • 独特の音が好きな方は、音のする素材

と、寝た時に素材の音がするかしないかも選ぶポイントになるでしょう。敏感な方は素材に対する音も考えると、ストレスも無くなります。音のする素材は、そばの実やパイプです。

まとめ

枕の選び方は、素材で多くの事が決まってきます。実際に寝てみないと分からない事もありますが、一般的に言われている選び方が、正しい選び方とは限らず、幅広く見る事も選び方のひとつです。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.