無意識にやっていない?実は「合わない枕」を使っている3つのサイン

更新日:

気持ちよく寝る女性

枕は、マットレスと同様に寝心地に関係する重要な寝具の一つです。

特に肩から頭にかけて重要なアイテムで、マットレスと同じように合う合わないがあり、合わない枕で寝続けていると、肩こりや筋がはってしまうなんて事もあるんです。

今回は、無意識にやっている「枕が合っていない3つのサイン」を紹介します。

スポンサーリンク

合う枕と合わない枕

ストライプの枕

低反発の柔らかい枕やそばがらのしっかりした硬めの枕など、硬さはの好みや相性は人によって違いますよね。

枕を変えると寝つきが悪くなったり、寝心地が良いと思っても、身体との相性が良くないと肩こりがひどくなったり、首回りが痛くなったりします。

私の場合は、朝起きたら肩甲骨から首にかけて筋が張ったような激痛が走り、整骨院に通ったと言う経験もあります。

枕が合わないと寝心地が良くないだけでなく、コリや痛みとなって表れる場合もあるんです。

無意識にやっている3つのサイン

枕の下に「手を入れて」寝ている

横向きで寝る時に枕の下に手を入れていませんか?

枕の下に手を入れることが何を意味するかと言うと「枕が低い」可能性が高いです。

枕の下に片方の手や両方の手を入れて、無意識に寝やすい高さに調整しているんですね。

手を入れると落ち着くと言う方も居るかもしれませんが、いつも同じ横向きで手を入れて寝ていたり、うつぶせで枕を抱えるように寝ている場合は、高さを調整する癖がある可能性があります。

手を入れないで寝てみて、寝づらい場合は「枕の高さが低い」可能性があります。

関連 寝る環境で調整するのがベスト!自宅で枕の高さ調整をする2つの方法

朝起きると枕が無い

ただ寝相が悪い可能性もありますが、枕が邪魔に感じたりして寝ている間に放り投げている可能性があります。

朝起きると枕が無い場合は「枕が無い方が寝心地が良い」事が考えられます

落ち着かない枕の硬さ、枕カバーの不快な肌触り、合わない高さなど原因は色々です。

いきなり買い替えるのはちょっとと言う方は、まずはタオルなどを挟んだりして、高さを高くしたりして見るのも手かと思います。

ゴロンと寝返りが打てない

頭を浮かして調整したり、身体を浮かさないと寝たまま寝返りが打てない場合は、サイズや形があっていない可能性があります

2人で寝ている場合のベッドの大きさなども関係しますが、寝返りが打ちやすい枕は、ヘコミや山が無く平らな枕で、ゴロンと転がるだけで寝返りが打てる大きさの枕が理想です。

一つの方向で寝る枕は、寝返りしにくいので寝返りの回数が減り、同じ格好で寝てしまい、起きたら肩や腰が痛いと言うことにも繋がるようです。

寝返りの回数は個人差がありますが、体を起こして寝返りを打つ行動は、筋肉が無い女性には体に負荷がかかりちょっとしたストレスにもなります。

旦那さんに「ずっと同じ格好で寝相がいいね」と言われた事があり、起きたら肩や首が痛い奥様は、実は寝返りが打ちにくい枕かも知れません。

関連 より良い寝心地を追及する為に!枕のサイズ別の特徴

相性の良い枕を選ぶなら

枕をレンタル出来るショップを利用する

ベッドマットレスと同じで、自分たちの住まいで寝てみるのが1番です。

枕を販売しているショップの中には、枕をレンタルして実際に寝心地を試してから買う事が出来るショップもあります。

硬めの素材、柔らかめの素材、と言っただけで買わなくて済むので、より寝心地の良い枕を探すことが出来ます。

自分たちの使っているベッドや布団で寝心地を試せれば、より寝心地の良い枕を見つける事が出来ます。

参考 20泊21日!枕のレンタルサービス【枕と眠りのおやすみショップ!】

オーダーで自分だけの枕を作る

市販の枕でもより寝心地の良い枕を探すなら、オーダーメイドで枕を作ると言う手があります。

お店に出向いて数値を計測したり、高さ調整などをしながら枕を作成するので手間がかかりますが、あなただけの枕を作る事が出来ます。

購入した後のメンテナンスが無料なブランドも多くあります。

手間がかかりますが、適当に高い枕を買うよりもじっくり選べるので、自分だけの専用枕が欲しい方には一つの選択肢としてありではないでしょうか。

ワンポイントとして、中素材などは店員さんのオススメもあるようですが、あくまでオススメになるので、参考にしつつも自分の意見もしっかり言って相談して下さいね。

参考 あなたのオーダーメイド枕探しをお手伝い【まくらる。】

まとめ

人気の枕や人間工学に基づいたような理論的な枕もありますが、私は「個人の感覚や相性」が非常に大切だと思っています。

もし今回の3つのサインを無意識に行っていた場合は、相性の良い枕を見直すタイミングかも知れません。

枕は消耗品です。ぜひ、2人がぐっすり眠れる枕を選んでくださいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.