キッチン家電に合わせた「レンジ台の選び方」5つのポイント

range-table

レンジ台は、色々なキッチン家電をひとまとめに収納できる家具の一つですよね。

デザインや形が豊富なので、色々なキッチンに置けひとまとめに収納できます。

便利でキッチンには一つあると便利なレンジ台ですが、サイズや見た目よりもパッと見では分からない「機能性」が重要なんです。

今回は、キッチン家電に合わせたレンジ台の選び方のポイントを5つ紹介します。

スポンサーリンク

レンジ台に収納するモノ

  • 食器棚
  • 炊飯器
  • 電気ポット
  • コーヒーメーカー
  • トースト

など、キッチン家電がひとまとめになるだけでなく、予備品の収納スペースや、食器を置ける棚もあったりします。

レンジ台と呼ばれているほか、レンジボードやレンジラックの呼び名もありますね。

まずはキッチン家電のサイズから調べよう

レンジ台に置きたいキッチン家電のサイズを調べておきましょう。

天板部分ならザックリしたサイズでも置けますが、レンジ台の棚に置きたい場合は、横幅、高さ、奥行きのサイズによっては置けないなんて事もありえます。

何をどの部分に収納するかによりますが、使い勝手が良い場所に置けるほうが良いですよね。

ですので、大きいから入るだろうと選ぶよりも、サイズを計ってから選んでいきましょう。

スポンサーリンク

レンジ台の選びのチェックポイント

① 蒸気に対する強さ

今では蒸気レスの炊飯器もありますが、多くの炊飯器はまだまだ蒸気が出ますよね。

炊飯器の蒸気は上に吹き出すので、レンジ台の様に囲まれた場所に炊飯器を置く場合は、蒸気に対してレンジ台が強いかどうかがポイントになります。

基本的に引き出しの様にスライドさせて使用するのが多いのですが、蒸気を逃がしてくれる構造や、上記に強い素材を使っていると謳っているのがポイントです。

もし、炊飯器の蒸気がこもるのが嫌な場合は、低い食器棚を選んで上に置くと言う選択肢もあります。

② レンジのドアが開きやすい

オーブンレンジでは、上部の取っ手を引いて下に下げるタイプですが、簡易的なタイプのレンジでは横開きですよね。

この場合は、右側にスイッチがあり、左に扉が開くので、扉の開きが妨げられないレンジ台が使いやすいです。

レンジの扉を常に全開する事はないですが、最低でも90℃以上は開いた方が良いと思います。

③ レンジが使いやすい高さ

温める以外に料理でもレンジを活用する場合は、立ったままレンジを使用できる高さなのかをチェックしましょう。

身長の低い、高いに限らず料理をしている時は、キッチンでの座ったり立ったりの動作が少ない方が、料理がしやすいと思います。

オーブンの様な、熱い料理の移動を考えても立ったままの方が、比較的安全に持ち運びできますね。

④ ご飯をよそう体勢と炊飯器の置き場

レンジ台の炊飯器を置く場所は、中間部にある事が多く、ご飯をよそう時の体勢が苦にならないか、高さを見て下さい。

釜にこだわっている炊飯器だと釜が重くなりますし、炊き込みご飯を作るにも混ぜにくくなったりもします。

2人暮らしならお茶碗2杯なので多くはないですが、よそいやすい体勢かどうかご飯担当の方に合わせて選びたいですね。

関連 ご飯が楽しみに♪美味しさにこだわる2人暮らしの「炊飯器」の選び方

⑤ チョイ置きスペースがあるか

比較的コンパクトなキッチンなら、スペースが広いとより使いやすくなります。

例えば、レンジで暖めた小皿を置く場所、ご飯をよそって置ける場所などですね。

チョイ置きが出来ると、料理のしやすさやワークスペースの範囲も広がるので、ちょっとしたポイントになります。

まとめ

レンジ台の様に多機能なキッチン収納は魅力的ではあります。

その反面、多機能なゆえに見る場所が非常に多かったりします。

今使用しているキッチン家電に合わせて、ラクで便利に使用できるレンジ台を色々な面からみて下さいね。

キッチン
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's