キッチン

キッチン家電と合わせて選ぶレンジ台で見るべき5つのポイント

投稿日:

range-table

レンジ台は、一見すると便利に思えるキッチン家電類を収納出来る、キッチン収納の1つではありますが、見た目だけで選ぶと実は使いづらかったりします。

スポンサーリンク

レンジ台の機能面として

  • 食器棚
  • 炊飯器
  • 電気ポット
  • コーヒーメーカー
  • トースト
  • 収納

と言った様に、食器棚としてだけでなく、キッチン家電類も収納できるように作られているのがレンジ台と言われています。他にもレンジボードやレンジラックの呼び名もありますね。

まず見るべきなのが、多数の寸法

  • 炊飯器の大きさに対しての寸法
  • レンジに対しての寸法
  • 全体の寸法

と言ったように、何を収納するかによりますが、寸法の面で複数見る場所があります。大きいから入るだろうと選んでしまうと、使い勝手が悪くなる事もあるんですよね。

見るポイント① 蒸気に対する強さ

蒸気レスの炊飯器もありますが、多くの炊飯器はまだまだ蒸気が出ますよね。

この蒸気は上に吹き出すので、レンジ台の様に囲まれた場所に炊飯器を置く場合は、蒸気に対してレンジ台が強いかどうかがポイントになります。

基本的に引き出しの様にスライドさせて使用するのが多いのですが、

  • 蒸気を逃がしてくれる構造
  • 蒸気に強いと謳っている事

もポイントになります。

蒸気が当たる事での劣化を防ぎたい場合や、上部に蒸気が当たり水滴が落ちるのを避けるのであれば、低い食器棚を選んで上に置くと言う選択肢もあります。

見るポイント② レンジを置く時のドアの開き方

オーブンレンジでは、上部の取っ手を引いて下に下げるタイプですが、簡易的なタイプのレンジでは横開きですよね。

この場合は、右側にスイッチがあり、左に扉が開くので、扉の開きがレンジ台で妨げられない方が使いやすいです。

キッチンで常に全開する事はないですが、最低でも90℃以上は開いた方が良いと思います。

見るポイント③ レンジを頻繁に使用する場合

料理をしている時に、温める以外にもレンジを活用する場合は、

  • キッチンでは、立ったままレンジを使用できるかどうか

の高さを見ましょう。身長の低い、高いに限らず料理をしている時は、キッチンでの座ったり立ったりの動作が少ない方が、料理がしやすいと思います。

オーブンとして使用する場合の、熱い物の移動を考えても立ったままの方が、比較的安全に持ち運びできるでしょう。

見るポイント④ ご飯をよそう体勢と置き場

レンジ台の炊飯器を置く場所は、中間部にある事が多く、ご飯をよそう時の体勢が苦にならないか、高さを見て下さい。2人暮らしならお茶碗2杯なので多くはないですが、よそいやすいかもポイントです。

見るポイント⑤ 空間の余裕

レンジを使用して小皿を置ける場所があったり、ご飯をよそって一時的に置く場所があるかどうかも、使いやすさのポイントですね。

レンジ台に限らず近くに置ける場所があったり、もちろん手伝ってもらう事も重要です。ただチョイ置きが出来ると、

  1. レンジの扉を開く
  2. お皿を入れる
  3. レンジの扉を閉める
  4. タイマーがなる
  5. レンジの扉を開く
  6. 料理を取り出す
  7. レンジの扉を閉める

といった動作の面で料理がしやすい事にも繋がるので、ちょっとしたポイントになります。

コンパクトに収まるのも大切だけど

レンジ台の様に多機能なキッチン収納は魅力的ではあります。その反面、多機能なゆえに見る場所が非常に多かったりします。

今使用しているキッチン家電に合わせて、ラクに使用できるレンジ台を色々な面からみて下さいね。

スポンサーリンク

レクタングル大PCタブ

レクタングル大PCタブ

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

9つ 5

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 AllRights Reserved.