スペースを隅々まで活用してる?使いやすくなる4つの収納ルール

収納のルール

クローゼットや押入れなどの収納スペースに、収納したんだけど使いづらい!と感じた事ありませんか?

そんな使いづらくなってしまった収納スペースでも、収納するモノの配置次第で使いやすい収納スペースとなる事があります。

今回は、収納スペースを使いやすくする為のちょっとした4つのルールを紹介します。

スポンサーリンク

ルールを決めれば収納しやすくなる

ルールと聞くと堅苦しくなりますよね!

今回紹介するルールは、あれはここに収納する、これはここに収納すると言った決め事ではなく、どうやったら使いやすくなるかと言った収納ルールです。

ただ闇雲に収納するよりも、使いやすくなるようなルールを決めておけば、見た目もすっきりし、収納しやすく取り出しやすい収納スペースにする事が出来ます。

収納しやすく使いやすくするルールとはいっても、堅苦しいイメージですが、簡単な収納の仕方でもあるので出来る事から始めてみて下さいね。

4つの収納ルール

収納ルール① 断捨離する

断捨離とは、必要でない物を購入したりしないように「断ち」、「これはいつか使うかも」と言ったモノへの気持ちや考えを改め物を「捨て」、モノに対する執着心から「離れる」と言った意味があります。

いくつか例を上げると、

  • 1年以上前の雑誌がある
  • 貰ったお皿が未使用で置いてある
  • 捨てるのに手間がかかる使わない電化製品
  • 引っ越し時のダンボール箱に物が入ったまま

などはありませんか?

1年以上使わない物は、今後も使わない可能性が非常に高いです。

使わない物を収納する為の収納スペース作りは意味がないので、まずは断捨離を考える事も必要です。

ただし、コレクションしている場合は別です。

1年以上使っていなくても、コレクションして保管している場合は、使わないと言うよりも集めると言う目的になってきますね。

収納ルール② 1列にする

収納に物を入れる時に、1列にする事で収納しやすく、視認性が良くなり、使いたい時に取り出しやすくなります。

奥行きがある収納スペースはどうしても物を詰め込みすぎですが、パッと見て分かれば取り出しやすいですね。

関連 理想の収納スペースに♪ひと部屋丸ごとウォークインクローゼット計画

関連 重ねる収納はサヨナラ!!劇的に使いやすい収納ボックスの特徴とは

収納ルール③ シーズン物で分ける

収納の奥に物を置いて、手前にも物を置く場合は、衣替えがポイントです。

奥に入れると取り出しにくくなりますが、夏の時期と冬の時期で衣替えをすれば、整理整頓もしつつ収納する事が出来ます。

例えば、夏の季節に、押し入れの奥には冬に使う寝具を収納して、手前には交換用の予備のベッドパッドなどを収納する、と言ったシーズンで使い分ける収納が出来ます。

収納ルール④ 収納ボックスなどを衝動買いしない

可愛い収納やセールなどで、衝動買いしたくなる物でもあります。

特にちょっとした物を入れる収納ボックスであるほど、ついつい購入しちゃいがちですよね。

もし購入しそうになった時は、「収納ボックスを購入するほど物の数が増える」と言う事を考えてみてください。

ただし衝動買いではなく「計画的に収納ボックスを購入する」のであれば便利に使えますね。

関連 ポイントは統一!クローゼットを「最大限活かす」収納ボックスとは

まとめ

収納スペースは、部屋により差がありますが、シンプルなルールだけでも広く使う事が出来ます。

基本的な考えは、収納スペースがゴミ箱にならない事だと私は思います。

収納スペースが狭い事だけでなく、今一度収納スペースを作る事から始めてみてくださいね。

収納
スポンサーリンク
フォローする

おすすめ記事

ふたり暮らしRoom's