家電

良く使う人が中心!使いやすさを考えた「2人暮らしの冷蔵庫」選び

更新日:

冷蔵庫と作業台

新しい冷蔵庫を選ぼうとしている2人暮らしの方、これから2人暮らしを始めるにあたって新しい冷蔵庫を選ぼうとしている方、サイズだけに注目していませんか?

冷蔵庫と言った大型家電は、頻繁に購入する事もなく、約10年使う事も珍しくありませんので選び方としては「使いやすさ」と言う部分も大切なポイントになってきます。

今回は、2人暮らし向けの冷蔵庫を選び方のポイントを、使いやすさを重点的に考えてじっくり紹介していきます。

スポンサーリンク

初めは搬入経路を調べることから

初めにする事は、住まいや搬入経路の寸法です。

どんなメーカーの冷蔵庫が良いか、どんな機能が良いかと言った選び方は後回しでOKです。

まずは今住んでいる住まい、または引っ越し先の住まいの、冷蔵庫を置く場所までの搬入経路の寸法、そして、冷蔵庫を置く場所の寸法が何よりも先なんですね。

大きい冷蔵庫を購入しようとしても、搬入経路を調べていなく運ぶのが困難になってしまうと、別途費用が掛かるようなクレーンを使用しての窓からの搬入になってしまったりします。

また、キッチンの冷蔵庫を置く場所へおけなかったりと不都合が生じますので、いきなり冷蔵庫を選ぶと言う選び方はNGです。

一度測れば、リフォームや工事などをしない限り、サイズが変わる事はほぼないので、測った時のデータを取っておけば冷蔵庫と言った大型の家電だけでなく、家具にも応用可能です。

搬入経路を測った後はいよいよ冷蔵庫の選び方へ移ります。

チェック① 冷蔵庫の設置場所

【チェックするポイント】

  • 高さ
  • 横幅
  • 奥行き
  • 単独のコンセントの位置
  • 左右、上部、背面の放熱部分
  • 歩く通路の幅

冷蔵庫の設置場所のチェックは、冷蔵庫のサイズ選びにも繋がります

設置場所が全てではありませんが、決められた設置場所のサイズを調べておくことで、冷蔵庫のサイズ選びの目安が分かります。

冷蔵庫の仕様によって変わる事もあるので、他のポイントと合わせてサイズを照らし合わせてくださいね。

高さ・横幅・奥行き

【測る場所】

  • 床から天井までの高さ
  • 壁から壁、壁からキッチンまで、などの横幅
  • 設置予定の場所から通路までの奥行き

測る場所を決まっているのですが、難しい部分が通路までの幅です。理想的な幅などいくつか例を挙げると、

  • 座っても冷凍庫を全開まで開けられる
  • 正面でフレンチタイプの扉なら開けられる
  • 野菜室を全開すると人が通れない
  • 壁際に設置する場合はドアの開く幅が必要

など住まいによって環境が変わってきます。

冷蔵庫のドアをどう開くかに大きく関わるのが奥行きと通路になってきますので、チェック② ドアの開く向きと合わせて選びたいところですね。

コンセントの位置

コンセントの位置は、冷蔵庫は単独使用(専用のコンセント)が推奨されているかと思います。

ですので、自然と壁際の決まった位置になるかと思います。

コンセントの位置に冷蔵庫がかぶってしまうのであれば、コンセントを差す為のスペースが必要となり、洗い場などの水場に近い場合は、漏電を防ぐためのアースを繋ぐ必要も出てきます。

大幅にスペースが必要とはなりませんが、冷蔵庫を動かすためにコンセントは必ず必要なスペースになるので、コンセントの場所をチェックしておきましょう。

放熱部分の距離

放熱部分は隙間の確保として壁から数cmなどいろいろ言われていますが、メーカーにより様々です。

一概にこれだけ開けてくださいとは言えませんが、色々なメーカーの冷蔵庫の放熱スペースを見てみると、最低でも左右奥行き5cm程度、上部10cm程度は欲しいですね。

2人暮らしの冷蔵庫サイズにプラスしておけば、放熱スペースを確保する目安にはなると思います。

ただし、最新機種になると古い冷蔵庫よりも必要な放熱スペースが少ない事もあり、また同じメーカーでも排熱方法が違く冷蔵庫の背面に放熱スペースが必要ない場合もあります。

cm単位で設置している人の方が少ないかと思いますが、放熱スペースは、冷蔵庫のカタログなどの推奨放熱スペースをチェックした方が確実な情報となります。

メーカーが推奨する放熱スペースが少なければ場所の節約にもなりますよ♪

ちなみに、キッチンが広い場合は、スペースの確保については問題ないと思いますので、掃除が出来るように冷蔵庫周りにモップが入る程度隙間を確保しておくと掃除がしやすくなりますね。

チェック② 冷蔵室のドアの開く向き

【チェックするポイント】

  • ドアの種類と開き方
  • 設置場所が壁際の場合
  • 良く使用する人の利き手

ドアの開く向きは、チェック①の設置場所とも関係しますが、2人暮らしの場合はスペースの問題と合わせて、主婦や主夫予定の方や、料理をする方である冷蔵庫を良く使う人に合わせて選ぶのがポイントです。

ドアの開き方

  • 右開きのドアは、右側が壁際、利き手が右手
  • 左開きのドアは、左側が壁際、利き手が左手
  • フレンチドア(観音開き)のドアは、キッチンの通路が狭い場合のスペース節約。
  • 左右開き(シャープ独自)は、キッチン側とリビング側からも開ける
    ※冷蔵庫のドアの開く向きは、冷蔵庫の正面に立って開く向きになります。

と言うように開き方と単純に行ってもそれぞれ特徴と選ぶ方があります。

まずよく使う人を基準として、料理をするキッチンからの動きでスムーズにドアが開けた方がストレスを感じる事もないですし、何より使いやすいです。

ドアの向きは「開きやすい」ことも大切なのですが、慣れてしまえば開き方よりも、開く向きが気になってくると思います。

例えば、

右側にキッチンスペース、左側に冷蔵庫の場合は、右から左へ動くので、左開きのドアの方がスムーズに冷蔵庫を開けて食材を取る事が出来る。

後ろに食器棚、前に冷蔵庫の場合で通路が狭い場合は、フレンチドアの方が正面で開く事も出来る。

と言った様に、冷蔵庫を使うためのスムーズな流れが大切でもありますね。

個人的には右利き、左利きも大切ですが、料理をする流れを遮らない事も大切になってきますので、キッチン側と反対側にドアが向くとドアを避ける動作が無くなりますね。

冷蔵庫のドアの開く範囲

ドアの開く範囲については、メーカーの仕様書きを見る必要があります。

特に、壁際に冷蔵庫を設置する場合、キッチンの通路が狭い場合には、ドアの開く範囲が実際に設置する場所との横幅と奥行きに関係します。

実際に冷蔵庫を選ぶときのサイズ選びとして、ドアの開く範囲をチェックしましょう。

チェック③ 冷蔵庫の容量

【チェックするポイント】

  • 外食と手料理のどっちが多いか
  • 買いだめをするか必要な分だけ毎日買うのか
  • 冷蔵庫の○○室のどこの容量を多くしたいか

難しいチェックポイントでもある「冷蔵庫の容量」は、昔に比べるとスリムになって大容量になったとはいえ、使って生活してみないと分からない部分もあります。

冷蔵庫の容量は正直目安にしかならないのですが、ライフスタイルで容量を増やすか減らすかも関係するんです。

2人暮らしの生活で、料理の頻度、外食中心なのか手料理を食べる事が多いのかでも変わってきます。

外食と手料理

  • 専業で毎日料理を作る
  • 共働きで週末だけ手料理を作る
  • 外食や出前が多い
  • そもそも料理が嫌い!

現在2人暮らしをしている方にとっては、ライフスタイルがある程度確立していると思いますが、これから2人暮らしを始める方にとっては、ある程度予想を立てて考えましょう。

と言った様に、毎日料理を作る2人暮らしでは、食材のストックが必要=容量が多いほうが良いとなるので、手料理を作る人と外食中心の2人暮らしでは、冷蔵庫の容量に差が出てきます。

冷蔵室・冷凍室・野菜室・チルド室の容量

  • 冷蔵室は、飲料水、ドレッシング、卵や納豆など常備食品、チョコレートやお菓子など
  • 冷凍室は、冷凍食品、お肉、お魚、お刺身など、まとめ買いする場合に
  • チルド室は、その日、または次の日に食べる、生ものなどの鮮度をキープしたい食べ物
  • 野菜室は、野菜の鮮度にこだわりたい、カットしないで保存したい
  • アイス大好きな場合は、独立アイスクリーム室は欲しい

と言うように冷蔵庫の各場所ごとに役割が決まっています。

ライフスタイルによる冷蔵庫全体の容量だけでなく、どんな食材を中心に保存するかによって、冷蔵庫、冷凍庫、野菜室どこの容量をメインにするかが変わってきます。

おそらく多くの2人暮らしの方に需要が高いのが、冷凍室ではないでしょうか。

安い時にブロックのマグロを購入したり、バラ肉の大きなパックを購入したりした時、お弁当の冷凍食品を常備しておくなど、「買いだめする場合の冷凍室」は需要が高いかと思います。

総合した目安の定格内容量

  • 外食が多くあまり手料理をしない場合は、200ℓ~300ℓ
  • 良く料理をする、作り置きをする場合は、300ℓ~400ℓ
  • 新婚さんでお子様を予定している場合は、400ℓ以上

が一般的な内容量の目安となります。

ただし、定格内容量とは冷蔵庫全体の容量なので、各室内の容量、大きさのチェックをしましょう。

また、10年は使用する事を考えた場合、冷蔵庫を置く場所に余裕があり、冷蔵庫へ当てられる予算もあるようでしたら、400ℓ以上の容量が多い冷蔵庫を選ぶと、機能性やドア数も増えたりするので、あえて大きい容量を選ぶのもアリです。

チェック④ 各○○室の位置

【チェックするポイント】

  • 冷蔵室、冷凍室、野菜室どこを良く使用するか
  • 取り出しやすく、入れやすい位置

冷蔵庫と言っても、各部屋の位置が冷蔵庫によって違います。

特に料理をする方にとってはこの各位置は結構重要で、適当に選ぶと使いずらい冷蔵庫にもなったりするんです。

メインの○○室の位置

冷蔵室、冷凍室、野菜室の位置の決め方はシンプルで、開け閉めが多い場所を真ん中に持ってくるかになります。

歩き始めた赤ちゃんであれば、一番下のドアをつかみやすいかもしれませんが、野菜室を良く使用する場合、一番下にあると立ったりしゃがんだりする動作が多くなります。

2ドアでない限りは冷蔵室が上段に来ますので、冷凍庫と野菜室のどちらを立ったまま開けられるようにするかがポイントになるでしょう。

料理を良くする方にとっては、立ったまま野菜を追加で取る場合に、野菜室が中段に位置している方が使いやすいですよね。

冷凍室は、ぎっしり詰まっている事も多いので、座ったほうが探しやすかったりします。

チェック⑤ 省エネ機能

【チェックするポイント】

  • 省エネ達成率
  • 年間電気料金

冷蔵庫は引っ越し前と引っ越し後、停電以外の時は、24時間365日使用するので省エネ性能は大切なポイントです。

容量が大きい冷蔵庫と、容量が少ない冷蔵庫であっても、年間電気料金にすると大きい方が安かったりします。

また最新の冷蔵庫では年間電気料金がお得な事もあるので、購入前にはチェックしましょう。

省エネルギーラベル

統一省エネラベルと言うラベルが、2000年8月に導入され、冷蔵庫のカタログや本体、包装など見えやすい部分に張られています。

省エネルギーラベルには、

  • 左上に「新基準」と記載がある
  • 目標年度が最新の「2011年度」
  • 「5つ星」(達成率198%以上)
  • 省エネ基準達成率が「198%」以上(5つ星)
  • 年間消費電力量が「低い」
  • 年間の目安電気料金が「安い」

というように、ラベルにはいろいろ書いてあり、私たちにとって重要な省エネに関する情報が、このラベルの中に揃っています。

つまり、省エネルギーラベルを見れば、電気料金の金額目安が分かるのですね。

省エネ基準達成率は、冷蔵庫の定格容量やドアの数などの条件によって変わりますので、私たちとしては、目で見てパッとわかるのが、「年間の目安電気料金の金額が安い事」です。

「この冷蔵庫を一年間使用すればこの金額になる」という目安になるからですね。

もっと深く知る場合は、経済産業省のカタログが分かりやすいかと思います。

参考 一般向け省エネ関連情報 | 経済産業省資源エネルギー庁

チェック⑥ 各メーカーのプラスαの機能

【チェックするポイント】

  • 独自の機能性
  • 何を売りにしているか
  • その冷蔵庫は何が強みなのか

冷蔵庫の性能は、メーカー独自の機能も大きいと思います。

メーカーとしては差別化が出来るので、この機能性を売りにしている部分も大きいですし、チルド室を重視するのか、野菜室を重視するのかによってメーカーを決めるポイントにも出来ます。

ここでは、大手メーカーの冷蔵庫などを中心として、機能を紹介しますね。

結構選ぶのが楽しい部分ですよ♪

代表的なメーカー独自の機能

【シャープ】

  • 22ℓのカゴが5つ分収納できる大容量冷凍庫「メガフリーザー」
  • 菌の除菌・脱臭をする「プラズマクラスター」

【東芝】

  • 冷蔵庫内の容量が大きい「マジック大容量」
  • 素早く冷やす2段のチルド室「ツイン速鮮チルド」

【日立】

  • 約0.8気圧のチルド室で酸化を抑える「真空チルド」
  • 野菜の栄養素、水分が逃げるのを抑える「新鮮スリープ野菜室」

【三菱】

  • 約-3℃~0℃の凍らないチルド室「氷点下ストッカー」
  • 約-7℃で凍ってるのに包丁で切れる「切れちゃう瞬冷凍」

辺りが目立つ機能かと思います。

ここでのポイントは、冷蔵庫の容量を多くしたい場合は東芝のマジック大容量を比較してみたり、刺身などの生ものが好きな2人暮らしであれば、日立の真空チルドや三菱の氷点下ストッカーと言った様に、機能面でメーカーをチェックする事が出来ますね。

他の機能として

  • エコモード搭載省エネ性能
  • フルオープンドア
  • 半ドアでも扉が閉まる
  • 独立自動製氷機能
  • タッチパネル

など色々ありますね。

いくつかピックアップしましたが、2人暮らしで必要となるのであれば、独立自動製氷機能かと思います。水を入れておけば氷が自動で出るという事ですね。

これから標準装備になりそうな機能も多いですね。

チェック⑦ 色選びと表面の仕上げ

【チェックするポイント】

  • 好きな色を選ぶ
  • 長く使える色を選ぶ
  • 仕上げ方法を選ぶ

色はメーカー側が用意してある中から選ぶ事になりますので、好きな色でOKではあります。

ただし、無難な色で我慢するのであれば、良く使う人が好きな色を選んだ方が、長く使用した時に愛着が湧きます。

設置するサイズや容量などを決めた後の最終的な部分ではあるので、メーカーで用意されていない色は購入できませんが、いずれも嫌いな色は選ばない方が良いですね。

表面の仕上げに付いて

表面にはピカピカの鏡面になっていたり、光沢のないマットな仕上げになっています。

どちらを選ぶかは正直好みですが、鏡面加工は、キズ、指紋が目立ってしまいます。

ピカピカの新品の内はキレイですが、長く使うとなるとマット仕上げのつやが無い方が、指紋などを気にしすぎることなく使えると思います。

チェック⑧ ふたりの関係

ふたりの関係とは仲良しかどうかと言う事ではありません。

例えば、

  • これから2人暮らしをする新婚の夫婦
  • 同棲して3年になるカップル
  • 友達とルームシェア

と言った2人暮らしの関係性を考えた事になります。もう少し深く考えてみると

  • 将来子供を予定している新婚の夫婦
  • 来年に引っ越しを控えている同棲中のカップル
  • 3年間の学生生活だけ友達とルームシェア

と言った感じですね。

ここで言いたい事は、長く使うか引っ越しをするか、それともルームシェアの様に期間限定なのか住む長さによって、今ある冷蔵庫で我慢したり、大きい容量の冷蔵庫を新規で買う事を考慮しても良いという事になりますね。

このチェックポイントは、最初に相談しても良い部分ではありますが、冷蔵庫の選び方としては、総合してみてほしい部分でもありますので、あえて最後に紹介しています。

まとめ

冷蔵庫はじっくり調べるほどたくさんのポイントがあります。

今回のポイントで100%正しい選び方とは言えませんが、使いやすくなるポイントを中心に紹介しました。

調べるのが面倒!でも、新しい物を選ぶのは楽しい事でもあります。

2人で相談しながら良く使う人を中心として色々検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.