引っ越し 暮らし

ライフスタイルが大切「2人暮らしの部屋の広さ」を決めるポイントとは

更新日:

新居候補の部屋

今まで2人で暮らしていたけど、新しく新居を探す方、これから同棲やルームシェアに向けて2人暮らし用の新居先として引っ越し先を探す時に迷うのが、「部屋の広さ」だと思います。

もちろん予算にもよるのですが、出来る限り安いだけでなく快適に暮らしたいのが2人暮らしでもあります。

スポンサーリンク

基本となるポイント

  • 共用する部屋+プライベート空間

が部屋探しのポイントとなってきます。

1人暮らしであれば、予算の範囲内で好きな部屋の広さを選べばよいですが、2人暮らしとなると、自分、相手、2人が使用する場所という3つポイントが出てきます。

 

  • 自分が使うプライベートな部屋
  • 相手が使うプライベートな部屋
  • 2人が使用する設備や部屋

という3つがある事で、お互いのプライベートな部分を自由に出来、一緒に食事をする部屋があったりと部屋の広さだけでなく心身ともにラクにもなる部屋の広さと言えるでしょう。

部屋の広さ

  • 1DK
  • 1LDK
  • 2DK
  • 2LDK

辺りが検討する広さの様です。

ただし一概には「この広さしかありません」という事ではなく、もっと広い場所に住む場合もありますし、狭い部屋に住む場合もありますよね。

共通するのは、「リビング以外に部屋が最低1つ以上ある事」になります。

 

そして部屋の広さと部屋の数を選ぶ時のポイントになってくるのは、

  • 予算・・・毎月の家賃や駐車場代など
  • プライベート空間の確保・・・部屋の数
  • どの部分を広くするか・・・各部屋の広さ

は漠然と決める前に2人で相談したい所でもあります。

意見の違いはあるとは思いますが、それは当然の事でもあり、育った家の間取りや今まで住んでいた生活環境も2人で違うので、言い争うのではなく相談しながら決めていきましょう。

室内設備の広さ

各部屋の広さと共に、室内設備に対しての広さも2人暮らしの部屋選びとしてポイントとなります。

室内設備のポイントになる場所の広さとしては、

  • キッチンスペース
  • トイレ
  • バス
  • 収納
  • 洗濯機
  • 洗面台

と言った場所になってくるでしょう。

妥協しにくい点としては、トイレとバスが別々な事ですね。パートナーが長風呂でどうしてもトイレに入りたい時に、ユニットバスになるとトイレに入れない、入りずらい事になりますし、ゆっくりお風呂に入れないことにも繋がります。

他には、自炊中心であればキッチンスペースにゆとりのある広さ、洗濯機は室内にあって脱衣所もある広さなのか。独立洗面台はある事で歯を磨くこと、髭を剃るなど身だしなみを整える場所としても便利な室内設備です。

 

そして忘れてはいけないのが、「収納の広さ」です。

2人暮らしを始めるにあたって、持ち込む荷物の量や生活しながら物が増える事にもなります。収納スペースが限られていれば断捨離に繋がりそうではありますが、基本的に

  • 収納スペースはありすぎても問題ない

ので、2人が持ち込む量も加味して収納スペースのチェックをして下さい。

ただし、条件がすごい良いんだけど収納スペースが狭いから「だけ」の理由でその部屋を諦めるのは勿体ないので、その場合は、収納スペースが狭くても工夫して収納しようと考える事も大切ですよ。

ベランダの広さ

ベランダの広さは、洗濯物を干せる広さとしても見ましょう。

女性同士の2人暮らしとなると室内に干した方が防犯にもなりますが、ベランダが狭いと干せる場所も限られてしまうので注意が必要です。

プライベートな部屋の必要性

プライベートな部屋は、恋人・新婚の夫婦であれば必要なさそうに見えますが、ずーっと同じ一緒に居るとなると「一人で静かにやりたい事」が出来ない場合もあります。

このプライベートな部屋と言うのは、2人それぞれの部屋となるわけですが、秘密にしたい事を隠すと言うのではなく、

  • 仕事をする為
  • 趣味をする為
  • インテリアを自由に
  • 寝室として
  • 女性・男性として
  • 友達同士だから

などに使用できるのが大きいです。

仕事や趣味の部屋として

パソコンを使用する仕事や、アクセサリーなど何かを作って販売している方がパートナーの場合、リビングで仕事をしたり、自分だけの趣味の物を飾るよりも「自分だけの事」に関しては、くつろぐリビングとは別に自分の部屋で行う方が気兼ねなく作業しやすい物です。

リビングで血眼になって集中していて、話しかけずらかったりイライラしてしまったりと言うことにも繋がりますよね。

2人でくつろぐ場所は仕事や趣味を出来る限りやらないで、一緒にテレビや映画を見たり、ご飯を食べたりする2人の時間を過ごす場所として分ける事が出来るようになります。

インテリアの趣味違い

以外にも盲点なのが「インテリアの趣味違い」ですね。

時運の部屋が無いと、共用スペースにおいてはナチュラルでシンプル家具で良くても、本当はピンクが好きだったり、アジアン系が好きなんだけど我慢という事になります。

広くなくても自分の部屋がある事で、好きなインテリア空間を作り上げられるのは、ストレスを溜めない為に必要な場所と言えますよね。

 

2人暮らしだからインテリア性をパートナーに合わせるのではなく、お互いの部屋を持つことで、それぞれ好きなインテリアで自分の部屋を作る事が出来ます。

それぞれの寝室として

2人暮らしで2人それぞれの部屋を持つことで、寝室としても使用できることになります。

寝室を別にする理由としては、

  • 1人でゆっくり寝たい
  • トイレに行く頻度が多い
  • パートナーが敏感で起きてしまいやすい
  • いびきがうるさくて寝られない
  • お互いの帰宅時間がバラバラ
  • 風邪をひいてパートナーにうつさない様にする

などが挙げられます。特にお互い仕事をしていて帰宅時間がバラバラの場合は、寝室を分けると言う選択肢は睡眠をしっかりとるために、重要な選択肢となります。

また、風邪をひいてうつさない様にしても、負担にならない様に気にかけたり、やれることはやるという事を心がけるのも大切です。

女性らしく・男性らしく

仲が良くてもラブラブだとしても「見られたくない事」と言うのがあるかと思います。この見られたくないと言う恥じらい部分は結構大切だと私は思っているのですが、

  • 着替えをする
  • 化粧をする
  • ムダ毛の処理をする
  • 服や下着を別に収納する
  • 髪型をセットする

など隙を全く見せないと言うわけではありませんが、いつまでも女性らしく、いつまでも男性らしく若々しくいると言うのは大切だと思います。

まとめ

プライベートな時間、別々な時間を過ごす2人暮らしには2DKなどの、共有スペース+2部屋ある部屋。ゆったりと2人一緒の時間を過ごすのであれば1LDKなどの広いリビングスペースがある部屋などになるでしょう。

2人暮らしと言っても、一概に答えが無い部屋の広さ選びですが、広いほうが良いと言うだけでなく、色々な意見や生活環境を加味しながら決めてくださいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.