ソファ知識 ソファ

動きやすく使いやすく!ソファ周りの動線を確保する基本とは

更新日:

ソファ周りの動線

ソファを置く場は、ソファ自体のサイズだけでなく、周りの家具との距離や動線の確保が大切になります。リビングでも主役の大きな家具になるので、動線が埋まってしまうと、またがないとソファまでたどり着けないとなる可能性もあります。

スポンサーリンク

ソファの動線を確保する場所は

大きく分けると生活動線とソファまでの動線になります。

  • ドア周り
  • 収納スペース周り
  • オーディオ機器周り
  • テーブル周り
  • 歩く道

が主な動線確保になり、移動だけでなく、ドアや収納スペースが開けるかどうかも動線確保になります。

基準となる動線確保の寸法

  • ソファに座ってくつろぐ場合は、テーブルとの距離は30cm以上
  • 背もたれとしてソファを使用する場合は、テーブルとの距離は45cm以上
  • テレビボードの前でDVDなどの出し入れをする場合、80cm以上
  • ソファの後ろを通る場合は、50cm以上
  • 2人がすれ違う幅は、110cm以上

というように、動線部分には基準となる幅の寸法があります。

購入前に確認する方法として

実際に置きたい部屋の場所に、仮想の印を付けることになります。

  • 欲しいソファの形に新聞紙を敷く
  • マスキングテープでソファのサイズに貼り付ける

などが印を付ける方法で、ソファのサイズと形をイメージします。そこから実際にメジャーで動線となる幅を測ったり、実際に歩いたり座ったりして、狭くないかを確認します。

ソファの動線は、2人が歩きやすいのが基本

明らかにコンパクトなソファだったり、部屋が大きいとソファの動線確保は楽になりますが、基本的には、2人が歩きやすく、物を使用しやすい事が大切です。

2人暮しのライフスタイルに合わせて、動線を犠牲にするような大きいソファを選ばないようにしましょう。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.