家電

洗濯頻度と乾燥がポイント!2人暮らしに合わせた「洗濯機」の選び方

更新日:

洗濯機のボタン

新しく2人暮らし用の洗濯機を購入する時は、設置場所だけでなく、ライフスタイルも重要な選び方のポイントとなってきます。

と言うのも洗濯機は、メーカー同士の差は特別大きくないと言われており、となると様々な2人暮らしのライフスタイルによって洗濯の方法や洗濯の回数が変わり、洗濯機が決まると言っても良いからですね。

スポンサーリンク

まずは搬入経路から

  • 引っ越し先や今の住まいへの搬入経路

がスタートとなりますね。

搬入経路を調べないと洗濯機を選んだとしても、洗濯機置き場にたどり着けなければ、もう一度選び直しになったり、窓からの特別な搬入となってしまい費用がかさむなんて事にもなります。

この辺りは洗濯機に限らず、冷蔵庫と言った大型家電と一緒なので、手軽に持ち運べるような家電でない限りは、何よりも搬入経路を調べる事がスタートとなりますね。

なお、搬入経路は一度測れば、リフォームをしない限り今後引っ越しをする前までの間に購入する大型家電や、大型家具にも応用できるので、一度しっかり調べてメモを取っておくと良いでしょう。

 

搬入経路を測った後は、洗濯機の選び方になります。

 

チェック① 洗濯機の設置方法

あえて設置する方法を洗濯機の選び方の最初にしました。と言うのも、洗濯機を購入して設置する前に考えておきたい部分になってくるからですね。

ここでの設置方法とは、ただ決められた場所に洗濯機を設置するだけでなく、設置する際に便利な周辺アイテムを使用して設置する方法としています。

例えば、

  • 洗濯機の下と排水口の掃除がしやすくなる「かさ上げ台」
  • 防水パン無しの場合「洗濯機が移動できる台やキャスター」
  • 防水パン無しで設置する時の「クッションゴム」

などがあります。

かさ上げ台は、掃除機と防水パンの間の隙間が大きくなるので、防水パンのホコリ掃除、排水口の掃除、ドラム式の扉の位置が高くなると言った利点があります。

キャスターで移動できる台は、防水パン無しの場合に直接洗濯機を設置する事を防げるので、時々移動させての掃除が可能となります。

 

洗濯機は一度設置するとそう移動させることはないですし、重量も結構重いため、男性でも一人では持ち上げられない事もあります。

排水口の掃除、ホコリ掃除、床掃除、防音、振動が響くのを軽減、ドラム式の横のドアの高さを高くする、など色々な利点もあるので、十分最初に検討する価値があります。

チェック② 洗濯機の設置場所

【チェックするポイント】

  • 防水パンのサイズ
  • 横幅・奥行き・高さ
  • 通路の広さ
  • 蛇口の位置と高さ
  • コンセントの位置
  • 排水口の位置

洗濯機の設置場所を調べない事には、洗濯機のサイズだけでなく種類を選ぶ事へも繋がります。

設置場所を調べる事で、どんな洗濯機が良いか、洗濯機のサイズを決めると言った事にも繋がりますので、搬入経路と合わせて調べておくべき大切なポイントとなります。

 

【防水パン無しの横幅・奥行き・高さ】

今では防水パンの設置がない賃貸もあるので、洗濯機置き場=防水パンの場所とは言えなくなっています。防水パンが無い場合でそのまま設置する場合は、

  • 排水口以外の場所

がギリギリまで設置できるサイズになります。

ただし、チェック①の設置方法によって便利になる事もあるので、防水パンが無いからそのままの設置とは限らないという事も頭に入れておいてくださいませ。

 

【防水パンのサイズ】

防水パンがある場合や、防水パンを設置する場合は、防水パンをプラスしてサイズを測ります。

  • 洗濯機の脚が乗る部分の横幅
  • 洗濯機の脚が乗る部分の奥行き
  • 防水パンから蛇口までの高さ

が測る部分になりますが、防水パン自体に種類があり、脚に洗濯機を載せる、脚が無くフラットなタイプがあるので、多少は変わりますが、測り方の基本は内寸となります。

 

ただし、防水パンの範囲内に洗濯機が収まるのが理想ではありますが、洗濯機の脚さえ乗れば、胴体部分が少しはみ出してもOKな為、設置可能な防水パンサイズが、洗濯機の本体サイズよりも小さい事があります。

防水パンより洗濯機の脚がはみ出してしまっても、冷蔵庫の足置きとなる台の高さを調整すれば置けるようですが、安定性に欠けるので、推奨できる方法ではありません。

 

【蛇口の位置と高さ】

  • 高さは洗濯機+10cm

と一般的に言われており、洗濯機置き場となる場所がとても広く、制限がない場合を除いて、「蛇口の方が洗濯機より高い場所にある」という事がポイントになります。

 

蛇口より高い洗濯機になると、蛇口の分前の方向に動かしたり、左右にずらさなくてはいけなくなるので、設置場所が広くない場合は、

  • 防水パン+洗濯機<蛇口の高さ

となるほうが位置をずらすなど考えなくて良い選び方になりますね。

 

【排水口の位置】

  • 直下で排水するタイプ
  • 横で排水するタイプ

の2種類になります。

どちらも洗濯機に隠れる場合には、足場を高くしたり、真下排水の場合は専用の真下排水ユニットが必要な場合もあります。

洗濯機の足場をかさ上げすればほぼ解決ではありますが、上の蛇口や棚などに当たらないかにも注意が必要です。

 

【設置場所のまとめとして】

設置場所が広い場合でも、搬入経路よりも大きい洗濯機は、設置場所までたどり着けない事になるので、搬入経路も考慮しましょう。

設置場所を総合して考えると、防水パン周りの状況や水道との位置関係などは、住まいによって違いがあるはずなので、サイズ以外の位置関係については、スマホなどで写真を撮って販売店などで見比べたり、相談するのも手かと思います。

また、量販店によっては設置場所の寸法を測ってくれるサービスもあるので、活用しちゃいましょう。

 

チェック③ 洗濯容量

【チェックするポイント】

  • 洗濯する物の種類
  • 洗濯する頻度

洗濯機の容量表示は◌kgと表示されており、JISC9606:2007の定格容量として、ざっくり言うと綿で量を測っているのですが、利用する側にとっては、どれくらいかの目安しかなりませんよね。

洗濯機の容量表示の量だけ洗濯できるのではなく、洗濯容量の7割程度の洗濯量が効率よく洗濯できる容量となります。

洗濯容量の目安は、一日当たり1人×1.5kgと言われ、2人だと一日3kgにはなりますが、2人暮らしの場合ですと、目安の容量よりもライフスタイルに合わせて容量を選びたいポイントでもあります。

 

【洗濯する物の種類】

  • 毎日出る様な、靴下、シャツ、下着などの服類
  • 手を拭いたり、汗を拭くハンドタオル
  • 身体を拭くバスタオル

と言った、確実に洗濯するであろう物以外にも、

  • 毛布
  • タオルケット
  • ソファーカバー
  • ベッドパッド

と言った大型のファブリック製品を洗濯するとなると、全く違う容量となります。シンプルに言うと、2人暮らしの住まいの中でどれだけの種類を洗濯したいかという事ですね。

 

全て洗濯できるのが理想かとは思うのですが、洗濯するアイテムを絞っても良いかと思います。

例えば、

  • ベッドパッドやベッドシーツの汗が染みこむ物
  • ソファカバーなど常に身体が触れる物
  • キッチンマットなど汚れやすい物

と言った様に、ある程度大きいけど、定期的に洗濯をして清潔にしておきたい中型のファブリック製品が現実的かなと思います。

毛布や布団、シーズン物はダニ対策を考えると、コインランドリーの方が良いかなと思います。

https://2rooms.info/mate-countermeasure/

 

【洗濯する頻度】

洗濯頻度は、友達同士のルームシェア、結婚している夫婦、同棲しているカップルでも違いますし、ライフスタイルによって変わりますので一概に「この回数が正解です」とは言えないですが、

  • 毎日洗濯をする
  • 2~3日に一度洗う
  • 一週間まとめて洗う

と言った、週に何回洗濯する日があるのか、または、

  • 少ない量を1回
  • 少ない量で数回
  • まとめて一回
  • 週末に数回

と言った様な回数でも分ける事が出来ます。

単純に考えれば、まとめ洗いや洗濯回数を減らしたい場合は容量が大きくなります。

 

【正確に量を知りたい方は】

正確に測りたい場合には、

  1. カラの洗濯カゴをもって体重計に乗る
  2. 洗濯カゴに一日分の洗濯物を入れる
  3. 洗濯もの入った洗濯カゴを持ったまま体重計にのる
  4. ①の重さー③の重さ=洗濯物の重さ

となります。

また、大きいファブリック製品を洗濯したい方であれば、大きい物だけ重さを測って、目安となる容量を調べても良いかと思います。

 

チェック④ 洗濯機の種類

洗濯機の種類は、メーカーのサイトで紹介されていますが、ここではメーカー独自の機能などは抜かして、メリット・デメリットを紹介していきます。

今メインとなっている洗濯機の種類として、縦型は2種類とドラム式になっています。2層式もありますが、ここでは割愛させていただきます。

【洗濯機能の種類】

  1. 全自動洗濯機・・・洗濯・すすぎ・脱水
  2. 簡易洗濯乾燥機・・・洗濯・すすぎ・脱水・簡易乾燥
  3. 洗濯乾燥機・・・洗濯・すすぎ・脱水・本格乾燥

の3種類に分かれ、主流となっているのは、洗濯機能に簡易乾燥機能付きと、洗濯機能に本格的な乾燥機能が付いている洗濯機の2種類になります。

乾燥機能をどれぐらいまで重要視するかによりますが、ものすごいシンプルにそれぞれの洗濯機能を表すと、

  1. 洗濯
  2. 洗濯+生乾きまでの乾燥機能
  3. 洗濯+完全乾燥

となります。

乾燥機能の機能性によって変わりますので、チェック⑤にて別途記載していきます。

【ドラム式と縦型】

~ドラム式の特徴~

  • 使う水量が少なく節水出来る
  • 持ち上げて落とす叩き洗い
  • 皮脂汚れに強い
  • 洗濯物の絡みが少ない
  • 生地が傷みにくい
  • 乾燥機能に優れている

~ドラム式 デメリット~

  • 水量が少ないので色移りの可能性あり
  • 前面にドアを開くスペースが必要
  • 洗濯ものを取り出すのにかがむ必要がある

 

~縦型の特徴~

  • たっぷりの水でもみ洗い
  • 泥や固形汚れに強い
  • 色移りが少ない
  • ドラム式に比べてコンパクトサイズ
  • 洗浄力が強い

~縦型 デメリット~

  • 衣類が絡みやすい
  • 衣類がドラム式より傷みやすい
  • 乾燥は縮みや痛みが起きやすい

 

ざっくりではありますが、以上がドラム式と縦型の特徴です。

乾燥重視ならドラム式、汚れものが多い場合は縦型と言われていますが、洗浄力に関してはドラム式も進化しているとの事で、ドラム式と縦型の大きな違いが乾燥機能になってくるかと思います。

ドラム式が選択肢に入る場合は、エコな部分と乾燥機能の選び方となってくるでしょう。

チェック⑤ 乾燥機能

乾燥機能は、ドラム式と縦型の洗濯機で比べられることが多く、乾燥する方法が違うので縦型しか興味が無かった場合でも、乾燥を重要視したい方にとっては、ドラム式でも縦型でも知っておいてほしいポイントになります。

 

【ヒートポンプ乾燥方式】

約60℃~約65℃の温風で乾かす方式で、衣類への痛みが少ない、縮みにくい乾燥になり、ドラム式に採用されています。

 

【ヒーター乾燥方式】

約100℃以上の温風で乾かすので、衣類の縮みや痛みが起きやすい乾燥になり、ドラム式、縦型に採用されています。

 

これを見ると、デリケートな衣類や乾燥を毎日使用したい場合には、ドラム式に採用されているヒートポンプ乾燥方式の方が優れていると言えます。

ヒーター乾燥方式の場合だと高温の熱風で衣類が縮んでしまう可能性が高いので、頻繁に乾燥機能を使用する方にとっては推奨できないと言えますね。

 

チェック⑥ 音

音については一戸建てであればそこまで気にしなくても良いかと思いますが、賃貸・マンションの場合は、音がすると言うのは気になる部分ですし、住んでいる2人にとっても静かなほうが良いですよね。

【音の出るポイント】

  • 脱水時
  • ドラム式の乾燥時

の時が音が大きいポイントとなっています。

どこまで音を抑えるかになりますが、0に近い方が良いのは分かるかと思いますが、音が0の洗濯機は無いので基準となる音が、

  • 50dB以下

が、日常生活では望ましい範囲の音のレベルとなります。洗濯をする時間帯ももちろん大切ではありますが、自分自身やパートナーが敏感に音が気になる方は、音のレベルもチェックしましょう。

 

まとめ

総合すると、洗濯機の選び方は、設置する場所がかなり重要なポイントであり、大部分を占めていますね。

搬入経路は通れないのはダメですが、設置場所さえしっかり調べておけば、置ける洗濯機のサイズは決まってきますので、そこから選ぶようにすれば自然とメーカーや種類が決まってくると思います。

2人暮らしでは、乾燥が大切なのか、洗濯回数が少ないほうが良いのか、いろいろ相談しながら、洗濯をするメインの人が使いやすい洗濯機という選び方をして下さいね。

 

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.