ソファ素材 ソファ

お手頃価格のソファのポイント!ウェービングベルトの特徴とは

更新日:

価格

ソファを購入する際には、2人暮らしに合うサイズや、座り心地は欠かせない要素のひとつですが、購入の決め手の一つに値段がありますよね。

リーズナブルなソファで多く使用されているのがウェービングベルトという素材です。

座り心地が重要ではありますが、長期間の利用を考えていない2人には特にお手頃価格と言のは非常に大切です。

今回は、ウェービングベルトの特徴を紹介します。

スポンサーリンク

ウェービングベルトって何?

ソファの座面内部で使用されている、ウェービングベルトは、ウェービングテープとも呼ばれる衝撃を吸収してくれる材料、衝撃吸収材の一つです。

ベルト状のゴムに糸を巻いて編んだのがウェービングベルトでソファの衝撃吸収材として最も多く使用されています。また、椅子やスツールにも多く使用されています。

ウェービングベルトの特徴

ウェービングベルトは、伸びてしまうと戻らないので、スプリングよりも耐久性や弾力性が劣りますが軽量という特徴があります。

一般的にウェービングベルトは比較的安いので、コストパフォーマンスの高い衝撃吸収材です。

ウェービングベルトの耐久性について

ウェービングベルト単体で見ると、耐久面で心配が出て来ますが、一概にウェービングベルトは寿命が短いとは言えないんです。

というのも、ウェービングベルトだけ使用しているソファで、座るときにベルトの上に座ってくつろぐなんて事ないですよね(笑)

ウェービングベルトの上に置かれるウレタンによって、クッション性のあるソファの座面になるので、組み合わせて使用されるクッション材やスプリングなども耐久性に関係してきます。

ですので、ウェービングベルトを使用しているソファは、耐久性が低いのではなく、ウレタンの密度や、スプリングの使用によって、耐久性が上がります。 

ソファに座った時の静音性

ウェービングベルトは、金属を使用していない衝撃吸収材になっています。

ウェービングベルトとウレタンの組み合わせは、金属を使用したギシギシ音が無いので、音が気になる方にも静かな衝撃吸収材のひとつです。 

まとめ

コストパフォーマンス的にも高いのが、ウェービングベルトを使用したソファです。

多くのソファで使用されているので、ベルト単体というよりも、組み合わさる衝撃吸収材によっては価格が高くなる場合もあります。

いずれ引っ越しを考えていて、2人暮らしで長期利用を考えていないのであれば、ウェービングベルトを使用したソファに注目すると、価格を抑えたソファびになりますよ♪

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.