ソファ知識 ソファ

座り方で使用感が変わってしまう座面の広いソファの特徴とは

更新日:

座面が広いソファ

座面の広いソファは、広くゆったりくつろげるソファではありますが、2人暮しのソファとしては座面の広いソファは、ソファをどう使用するかライフスタイルに合わせて選ばないと、スタンダードなソファよりも使用しづらいソファになってしまいます。

スポンサーリンク

座面の広いソファの特徴

座面の広さを決める部分としては、

  • ソファの横幅
  • 座面の奥行き

の2つがあります。この2つで座面の広いソファとなるのですが、横幅の広さと、座面の奥行きはそれぞれ使用感が違います。

座面の広いソファと座る体勢

座面が広い事で得られるのは、ソファの上でも過ごしやすいという事です。ソファの上で寝転がったり、あぐらをかく事も出来るので、ソファに座るというよりも、ソファの上でくつろげるというのがポイントになってきます。

2人で一緒に使用する場合は2人が一緒に寝転がって使用する、となると、座面の広いカウチソファなど結構大きめのソファになります。また、普通に座った体勢で使用する場合は、奥行きがあると深く座れないので、腰部分の隙間を埋めるために、クッションを利用する事になります。

高い身長の方は深く座れますが、低い身長の方では、浅く座る事になりますので、座った時の膝の裏側から腰までの距離のバランスを見て、2人で座りやすい方が良いでしょう。

座面が広いので、座る位置を変えて選ぶ

座面が広いので、座る場所によってクッションの沈み込みが違う場合があります。

真ん中が極端に沈み込まないクッションの方が身体への負担が少ないので、ソファの上で過ごしやすくする為にも、座る位置を変えてクッションが極端に沈み込まないソファを選びましょう。

あると便利なアイテムは

座面の広いソファで、あると便利なアイテムはクッションです。クッションで前後の位置を調整する事が出来、ゴロゴロする時のまくら代わりにもなるので、おすすめです。

クッションが柔らかすぎると効果が低いので、しっかり身体をサポートしてくれる沈み込みすぎないクッションが良いでしょう。

座面の広いソファは、座る場所が広くなる

横幅と奥行きが広くなるので、単純に座る場所が広くなります。座面の広いソファは、ソファの上で過ごす時間が多い場合にゴロゴロ過ごすには最適ですが、2人で使用する場合には実際に座ってみて、2人の姿勢が崩れないソファを選んでくださいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.