マット

足元からの寒さ対策!暖かさに注目した冬用ラグマット選び方

更新日:

暖かいラグマット

涼しい季節になってきて、衣替えは進んでいますか?本格的な冬に入る前に寒さ対策として、足元の対策としてラグマットがあります。今回は暖かさに注目したラグマットを選ぶポイントを紹介します。

スポンサーリンク

オールシーズン使えるのもあるけど

部屋ひとつの大きさのラグマットを敷く以外であれば、暖かさについても注目したいです。

特に、冷たい空気は下に集まるので、足元の対策としてオールシーズン物もお得感がありますが、寒さに注目し、「ラグマットの暖かさ」と言う点で抑えたいポイントでもあります。

保温効果のある機能

保温、蓄熱、発熱などの機能があるラグマットは、人の熱やホットカーペットの熱などを保湿して置けるので、エコにも繋がります。

ホットカーペット、床暖房に対応しているラグマットだとしても、保温、蓄熱、発熱などの機能性があるほうが、本当に寒い時に付けるなど電気代の削減にもなります。

暖かいラグマットの種類

保温性の高いラグマットの種類としては、毛先がモコモコしたシャギーラグや、ふわふわしたムートンラグがあります。

保温性が高いので座っていた場所からたってもすぐに冷たくなる事を減らすことが出来るので、座っている時だけでなく、戻ったときも暖かさを感じる事が出来ますね。

暖かいラグマットを選ぶ注意点

冬用のラグマットは、暖かさにこだわると「毛先が長い物」を選びがちですが、

  • 掃除をする上では短い方が良い場合もある

という事が注意点となります。

毛先が長いと落ちた髪の毛が絡んで、取り辛くなったり、飲み物や食べ物などの掃除が大変でもあります。

毛の長さの選び方としては好みもありますが、大き目のラグマットや良く過ごす場所だったり、大きさや良く過ごす場所では、毛の長さは掃除をする上での注意点として選びましょう。

インテリア性も兼ねて「暖色系」もポイント

ラグマットはインテリア性としても目を引くだけでなく、見た目で感じる事も大切です。

特に冬場の寒い時期では「暖色系」のカラー選びも、暖かみを感じるポイントにもなるので、オールシーズンで無難な色を選んでいる2人でも、良く過ごす場所のラグマットの色を変えると、より暖かみを感じる事ができますね。

まとめ

オールシーズンのラグマットは大きい場所で選んで、ソファの足元、ベッドの立ち上がる位置、キッチンの立ち位置など、ポイントで選ぶとより暖かいラグマット選びになります。

ただのオールシーズン物のラグマットも良いですが、寒さが厳しい冬には、部屋の過ごす場所によって保温性があるラグマットで快適に過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」があがりますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.