ベッド ベッド知識

湿気があるから本当に入れちゃダメ?収納付きベッドに入れる物とは

更新日:

[st_af id=””]湿気

収納付きベッドは、ベッドにプラスして収納も出来るので、収納する場所が少ない住まいの方は、収納付きベッドを選択肢に入れている方も多いと思います。

寝る場所と収納する場所が一体化している便利なベッドですが、湿気が貯まりやすいと言われているので、湿気を考えず「とりあえず収納付きが便利だよね」と考えている人は注意が必要です。

ですがここで一つ疑問に浮かぶのは、湿気が貯まりやすい収納部分に何を収納すれば良いのかなんですよね。

そこで今回は、日本の住まいだからこそ人気の高い収納付きベッドの収納部分には何を収納すれば良いのかを紹介します。

スポンサーリンク

ベッド下に湿気が溜まりやすい理由

人がベッドで寝ている間に汗をかきます。

この汗は一晩でコップ一杯、約200ccの量と言われています。

マットレスに吸収された汗が湿気の原因となり、上にも湿気は逃げはしますが、湿気は下に貯まりやすいのです。

なので、ベッド下の収納部分は押し入れなどに比べ湿気が溜まりやすいのですね。

収納スペースが十分ある場合は必要なし

収納スペースが十分あるのであれば、収納付きベッドで収納スペースを増やすのではなく、断捨離も大切になってきます。

収納は多い方が良いと言った理由であれば、脚付きのベッドの方が掃除しやすいですし、湿気対策もしやすくなります。

ですので、収納付きベッドを選ぶのであれば、今現在収納が足りないという事になりますよね。

収納スペースが十分なら、ベッド下と言う新しい収納スペースは必要ないです。

収納スペースを作る事でモノが増えることにもなっちゃうので注意しましょう!

ベッド下に収納してはダメと言われている物

湿気が貯まりやすい収納付きベッドには、入れてはいけない物があるのですが、本当にダメなのか見ていきましょう。

【収納しちゃダメと言われている物】

  1. シーツ類
  2. カバー類
  3. タオル類
  4. 衣類
  5. 毛布などのシーズン物
  6. 単行本や小説等の本類
  7. アルバムや写真
  8. ウール、シルク、革などの動植物繊維

などは湿気に弱いとされるので、あまり収納に適した物ではないです。

ですが、収納しても大丈夫だと言っている方も居ます

なぜかと言うと、住まいにもよりますが、湿気が貯まりやすい部屋なのか、どれだけ開け閉めするか、どれだけベッド下の収納を使っているか、などもポイントです。

湿気対策の方法は押入れと同じ

押入れでもクローゼットでも、収納スペースは換気をする事が大切と言われています。

この換気は収納付きベッドでも同じことが言えるのですね。と言う事は、収納に適さない湿気に弱い物を避けるだけでなく、入れっぱなしにならない物も大切なポイントになります。

例えば、毎日使う物を収納すれば、毎日開けたり閉めたりするので、湿気を逃がす時間が作れて換気につながります。

その為、全てが収納してはダメとは言えないと言う事になります。

現在住んでいる部屋の風の通りや、湿気が多いのか、日の当たり方、加湿器を使っているのかも関係があります。

湿気がこもりやすい状態の部屋は、湿気に強い物でも入れっぱなしは良くないので、定期的に換気も必要です。

開け閉めして湿気を逃がしたり、除湿剤を使って湿気を取ったりして、湿気さえどうにかなれば色々収納できると私は思います。

もちろんカメラ、写真、アルバムなど、本当に大切なモノはベッド下には収納しない方が良いですよ!

ココがポイント
  1. 毎日使うモノを収納すると
  2. 毎日開け閉めするので
  3. 湿気を逃がす換気に繋がる
  4. 除湿剤などで対応するのも良し
  5. ※湿気に強くても収納しっぱなしはダメ

まとめ

収納付きベッドは、人の汗による湿気などで、湿気が貯まりやすいですが、湿気に弱い物は入れないと言う事だけでなく、換気につながる使用頻度もポイントです。

今ある収納スペースをまずは活用して、出来る限り入れっぱなしにならない物を収納付きベッドに収納する事も、湿気対策につながります。

ベッド選びは信頼できる専門店で

ベッドは、信頼できる専門店で探す事が大切です。

特に、ネットショップでベッドを探すとなると絶対に安いだけで選んではいけません。

ベッド通販専門店の一つネルコは、フランスベッド、シーリー、東京西川など優良メーカーを正規に販売するインターネット最大級のベッド・寝具専門店です。

全8,000点以上の寝具の中、「寝具メーカー×neruco」共同開発のベッドは、寝具メーカーの技術が詰まった信頼できる品質で、価格もリーズナブル

ベッド探しで迷っている方、ベッド通販専門店「ネルコ-neruco」チェックして見て下さい。

きっと、あなたにぴったりのが見つかるでしょう。

スポンサーリンク

レクタングル大 PC

レクタングル大 PC

関連コンテンツユニット

おすすめ記事

良く読まれています♪

チェックする 1

ベッドを使用しているといずれやってくる、きしみ音は、実はどんな素材でも経験する問題なんです。 木製はギシギシする、パイプはギシギシするなど様 …

窓辺の犬 2

新居に引っ越した時に、カーテンレールが付いていない小さい窓がありますよね。 そんな窓には、カーテンレールを付けないとカーテンを付けられません …

布団の上で眠る猫 3

一般的な衣替えで最もかさ張ると思われるのが「布団類」ですよね。 この布団類は押入れやクローゼットに収納するのが一般的と思われるも今では和室が …

オシャレなベッド 4

ダニの対策と言えば「布団」がありますよね。布団の他にも寝具に潜むダニは敷布団、掛け布団、毛布・・・とありますが、とある疑問が浮かんできます。 …

ベッドのカビ対策を考えて購入する 5

ベッドを使用している時に天敵となるカビは、日ごろの手入れをしなければ生えたり、部屋の環境にも左右される物です。 このカビはどんなベッドでも生 …

家の模型とイメージ文字 6

賃貸の住まいでも気軽に棚づくりが出来るDIYパーツにディアウォールがあります。 大人気のDIYパーツ「ディアウォール」は賃貸の強い味方ですが …

有孔ボード 7

以前に簡単に柱が作れるDIYパーツのディアウォールやディアウォールとラブリコの比較などを紹介しました。 ディアウォールやラブリコを使えば、基 …

9つ 8

ベッドのマットレス選びで、迷うのが内部の構造ですね。 特にバネ部分の違いである、ボンネルコイルとポケットコイルはそれぞれメリット・デメリット …

壁の棚に置かれ靴 9

賃貸のアパートやマンションと言った、借りているお部屋でどうしても問題となってくるのが、「気軽に壁に穴を開けられない」という事ですよね。 しか …

ヘッドボードにより掛かる女性 10

ベッドのフレームを選ぶときに、寝る時の頭部分、枕を置く方にヘッドボードと呼ばれるボードがあります。 このヘッドボードはあった方が良いか無しか …

Copyright© ふたり暮らしRoom's , 2017 All Rights Reserved.